ホルモン剤

ホルモン療法とは

男性ホルモンの影響で、ガンが進行するという特徴があります。
男性ホルモンは主に精巣から分泌しており(一部は副腎からも分泌されている)、男性ホルモンを遮断するとガンの勢いがなくなります。これを利用した治療法がホルモン療法です。ホルモン療法は、精巣を手術で除去する方法か、薬物療法があり、「LHーRHアゴニスト」、「抗男性ホルモン剤」「女性ホルモン剤」を使用します。

乳ガンの治療として、ホルモン剤を使用することがあります。
ガン細胞は増殖のためにホルモンを必要とする場合があるため、手術でホルモンを分泌ている部分を切除したり、ガン細胞が必要とするホルモンと反対の作用をするホルモンを投与することで、ガン細胞が増殖するのを阻止、コントロールすることができるのです。
ホルモン治療は長期間の治療となり、ガン細胞だけでなく正常な細胞も影響を受けるため、人によって様々な副作用の症状が出ます。

細胞診などで、ホルモン薬の効きやすさを調べ効果が期待できる場合に、ガン細胞の増殖や転移を抑える「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の働きをする薬を服用します。

ホルモン療法は早期の子宮体ガンで、妊娠や出産を希望する若年の女性に、ガン細胞を含む子宮内膜をすべて子宮内膜掻爬(そうは)する治療と組み合わせて行われます。
また、再発する危険性の高い症状に対し、補助的な治療として、化学療法の効果が不十分な場合など、化学療法に変わる治療法として行われることがあります。

LHーRHアゴニストにつて

体内で男性ホルモンが放出されるには、脳の視床下部が男性ホルモンを出すように命令し、これを受けた脳下垂体前葉から黄体ホルモンを放出するように命令し、黄体ホルモンが睾丸に働きかけ、男性ホルモンを作ることになります。そこで、体内に「LHーRHアゴニスト」と言う、「黄体ホルモンを出させるホルモンによく似たもの」が入ることにより、本当の「黄体ホルモンを出させるホルモン」が分泌されなくなります。「黄体ホルモンによく似たもの」は本物ではないので、男性ホルモンを出すように命令を出さず、男性ホルモンも作らず、睾丸除去手術と同じような効果があるとされています。