子宮体ガン ステージ(病期)Ⅳ期

子宮体ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期(ⅠA期、ⅠB期、ⅠC期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期)、Ⅳ期(ⅣA期、ⅣB期)に分かれます。

ステージ Ⅳ期

さらに2つに分かれ、ⅣA期、ⅣB期に分かれます

ガンが骨盤を越えて体のほかの部位へ広がるまたは、膀胱、あるいは腸の内腔を侵すもの

ⅣA期

膀胱あるいは腸の粘膜まで、ガンの浸潤を認めるもの

ⅣB期

骨盤を越えた遠隔臓器転移を認めるもの、あるいは腹腔内や鼠径部(そけいぶ:足の付け根)のリンパ節に転移があるもの


主な治療法として、手術が可能であれば「拡大手術」。
そのほか「緩和治療」、「放射線療法」抗ガン剤による「化学療法」、「放射線療法 + 化学療法」、「ホルモン療法」などを行います。

子宮体