子宮体ガン ステージ(病期)Ⅲ期

子宮体ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期(ⅠA期、ⅠB期、ⅠC期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期)、Ⅳ期(ⅣA期、ⅣB期)に分かれます。

ステージ Ⅲ期

子宮ガンステージⅢ期
さらに3つに分かれ、ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期に分かれます

ガンが子宮外に広がっているが、骨盤を越えて外には広がっていないものまたは、骨盤内あるいは大動脈周辺のリンパ節に転移を認めるもの

ⅢA期

ガンが子宮の外の膜や骨盤の腹膜、あるいは卵巣、卵管に転移しているもの、あるいは腹水の中にガン細胞の認められるもの

ⅢB期

膣壁に転移を認めるもの

ⅢC期

骨盤内、あるいは大動脈周囲のリンパ節に転移を認めるもの、もしくは基靭帯(きじんたい)に浸潤を認めるもの

主な治療法としては、「単純子宮摘出術」、「両側付属器(卵巣)摘出」、「広汎子宮全摘術」、「放射線療法」、骨盤内あるいは大動脈周囲の「リンパ節郭清(かくせい)」、抗ガン剤による「化学療法」などが行われます。