胃ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

胃ガンの治療法

治療胃ガンの治療では、「手術療法」が最も効果のある標準的な治療ですが、ステージ(病期)などにより、「内視鏡」での治療や切除範囲を少なくする手術、ガン細胞といっしょにリンパ節の郭清(かくせい)や他の臓器の切除を行う手術、また、抗ガン剤による「化学療法」など、個人に有効な治療が行われます。

内視鏡的治療

内視鏡とは、口からカメラを入れ、食道・胃・大腸などの中を見ながら診察や治療などに使われる道具です。初期の胃ガンでは、ガンの広がりが浅く小さい、リンパ節への転移がみられない腫瘍の切除に、この治療が行われます。また、開腹手術に体力が耐えられない場合にも、この治療が行われることがあります。この治療は開腹手術とは違い、全身麻酔をかけることなく1時間程度で終了します。切除した腫瘍は、ガンが粘膜内に収まっているか、切り口にガンがなく完全に切除されているか、などを顕微鏡で詳しく調べ、リンパ節への転移が疑われる場合後日、開腹手術が必要となります。

内視鏡的粘膜切除術(ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ)

治療方法は、胃の中に内視鏡を入れ、腫瘍(しゅよう)の下に生理食塩水などを注入し、浮き上がった腫瘍を輪状のワイヤーを使い高周波で焼き切ります。
内視鏡的粘膜切除術
 

内視鏡的粘膜下層剥離術(ないしきょうてきねんまくかそうはくりじゅつ)

内視鏡で使える細いナイフにより、腫瘍を剥離する(はぎ取る)方法です。
内視鏡的粘膜下層剥離術
 

縮小手術(しゅくしょうしゅじゅつ)

胃の負担や手術後の障害を軽くできる手術です。
リンパ節への転移がない場合に行われます。切除する範囲を縮小することで、ダンピング症候群や腸液が胃へ逆流するのを防いだり、腸閉塞(ちょうへいそく)の頻度(ひんど)が減少したりと、手術後の後遺症が軽減できます。

 

定型手術(ていけいしゅじゅつ)

悪性腫瘍のある場所や深さ、大きさなどにより、胃の切除範囲が異なります。
所属リンパ節に転移がみられた場合、同時に転移したリンパ節も取り除きます。
また、胃の切除範囲に応じて、食物の通る道を作ったりします。

胃 所属リンパ節の図

胃は、胃酸の分泌をはじめとする大きな役割を「胃体部」(いたいぶ)が行っています。噴門部(ふんもんぶ)を切除してしまうと、胃の働きが行われず、幽門部(ゆうもんぶ)を残してもあまり役には立ちません。ですから多くの場合、ガンが噴門部近くにがあるときは「胃全摘」、ガンが入り口(噴門側)から離れたところにあるときは、「幽門側切除」となり、胃の約2/3から4/5程度が切除されます。ガンが噴門部近くにある場合でも、施設によっては幽門側を残す、「噴門側切除」となる場合もあります。胃ガンの標準的な手術治療として、「D2郭清(かくせい)」があります。胃の2/3以上の切除と、胃に接したリンパ節の「第1群」(D1)、胃に流れ込む血管に沿っているリンパ節の「第2群」(D2)を取り除く手術を「D2郭清」と言います。

胃ガン

胃を切除した後には、胃の代わりの「代用胃(だいようい)」となる消化管の道(再建)が必要となります。残った胃と十二指腸を直接つなぐ方法「ビルロートⅠ法」や、十二指腸の端を閉め、残った胃と十二指腸の次にくる上部の小腸を合わせる「ビルロートⅡ法」、「ルーワイ法」での再建となります。胃全摘後は、食道と十二指腸の間に代用胃として「空腸」を入れる「空腸間置法」と、十二指腸の端を閉めてしまう方法に分けられ、まっすぐな腸管をそのまま用いる方法、空調のループを用いる方法、空調で袋を作り「代用胃」にする方法などがあります。

胃ガン
 

拡大手術(かくだいしゅじゅつ)、合併切除(がっぺいせつじょ)

胃以外の臓器(膵臓や脾臓、大腸、肝臓の一部など)の切除や、一緒に切除するリンパ節の範囲を広げて行われる手術です。


 

拡大手術(かくだいしゅじゅつ)、合併切除(がっぺいせつじょ)

胃ガン
 

放射線療法

放射線療法では、ガン細胞を壊して胃ガンを小さくするために、高いエネルギーのX線(レントゲン)を使用し、体の外から体内のガンに向けて放射線を照射します。胃ガンにも放射線療法は効果がありますが、手術ほど確実ではないため、現在では手術のできないような場合や、手術後の再発した胃ガンの痛みを取り除く、狭くなったところを広げるなどの目的で、行われています。放射線により、胃粘膜が荒れ、胃炎や胃潰瘍のような症状になり、食欲低下や嘔吐などの副作用が出ることがあります。こうした副作用は1週間から2週間で治まります。

緩和手術(かんわしゅじゅつ)、姑息手術(こそくしゅじゅつ)

ガンが進行し、手術をしても取り切れない場合、ガンを治す目的ではなく、少しでも生活の質があがるように行う手術です。たとえば、食物の通りが悪くなり栄養が充分に吸収されていないときは、食物が通る道を作ったり、狭くなったところを切除する手術をします。そのほかにも、ガンが原因で出血しているときには、止血のためにガンを切除することがあります。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質)」を改善するための取り組みです。ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体的問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。緩和ケアを、ガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。

手術による後遺症

胃を切除したために胃が小さくなったり、あるいは無くなることにより、多少なりとも障害(後遺症)が起こってしまいます。胃切除後の後遺症を避けることは難しいことです。何らかの症状は必ず現れるものだと受け止め、1日も早く自分なりの対処法をみつけることが大切です。

腸閉塞(ちょうへいそく)

多くの場合、手術の後はお腹の中で腸があちこちにひっつく「癒着(ゆちゃく)」が起こります。通りが狭くなったり、急カーブを起こしたりする事で、便やガスが出にくくなり、吐気や嘔吐、加えて痛みが生じます。また、腸がねじれ、流れが閉ざされてしまうこともあり、癒着をはがしたり、ねじれを治すために手術が必要な場合もあります。食べ過ぎを避け、こんにゃく、のり、わかめなど消化しにくく腸に張りつくものは、細かく刻むなど工夫し、よく噛んで食べましょう。

ダンピング症候群

胃を切除すると正常な時のように胃が働かず、食後30分以内に、冷や汗が出たり、脈が速くなったり、動悸(どうき)や全身倦怠感(けんたいかん)が出たりすることがあります。このような症状を「早期ダンピング症候群」とよびます。また、「晩期ダンピング症候群」とは食後2時間から3時間後、血液中の糖分が低くなるために起こる冷や汗、めまい、意識障害事などの症状です。これは、糖分の多い食事をすると血糖値が上がり、それに反応してインシュリンが大量に分泌され、その結果血糖値が下がりすぎてしまうために起こる症状です。このような状態になったときは、血糖値を上げるために、あめ玉や甘い飲み物を飲んでください。一回の食事量を減らし食事回数を増やす、ゆっくりよく噛むなどにより、症状を軽くできるようです。食事中の水分摂取もなるべく減らしましょう。また炭水化物の摂取量を減らし、高たんぱく、高脂肪食を摂取することにより、十分なカロリー補給につながります。

貧血

胃を切除すると、鉄分やビタミンB12が吸収されにくくなり、貧血や骨障害が起こりやすくなります。また、胃を全摘した場合、ビタミンB12はほとんど吸収できなくなるので、必要に応じて注射で補う治療が必要になります。

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

胃の手術をすると、カルシウムの吸収が悪くなります。骨のカルシウムが減少して、骨が弱くなり骨折しやすくなります。定期的にカルシウムの濃度(骨塩量)を測定し、必要であればカルシウムやビタミンDが投与されます。普段から、カルシウムの摂取には充分に気をつけましょう。