胃ガン ステージ(病期)Ⅰ期

胃ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、ⅠA期、ⅠB期、ⅡA期、ⅡB期、ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期、Ⅳ期に分けられます。
深さが粘膜下層(ねんまくかそう)までにあるものを「早期胃ガン」、粘膜下層よりも深いのもを「進行胃ガン」といいます。

ステージ Ⅰ期

さらに2つに分かれ、ⅠA期、ⅠB期とよばれます。

ⅠA期

ガンが 粘膜(ねんまく)にとどまり、所属リンパ節への転移がないもの
ガンが粘膜下層(ねんまくかそう)にとどまり、所属リンパ節への転移がないもの

ⅠB期

ガンが固有筋層(こゆうきんそう)にとどまり、所属リンパ節への転移はないもの
ガンが 粘膜・粘膜下層 にとどまり、所属リンパ節に1個から2個の転移があるもの

所属リンパ節の図

主な治療法としては、「内視鏡」、「縮小手術」、「定型手術」が行われます。

胃ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、ⅠA期、ⅠB期、ⅡA期、ⅡB期、ⅢA期、ⅢB期、ⅢC期、Ⅳ期に分けられます。深さが粘膜下層(ねんまくかそう)までにあるものを「早期胃ガン」、粘膜下層よりも深いのもを「進行胃ガン」といいます。