膵臓ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

膵臓ガン 治療法

膵・尾部切除膵臓ガンの治療に「手術治療」がもっとも効果のある標準的な治療ですが、ステージや体力、体調により必ずしも選択されるとは限りません。また、放射線療法、化学療法(抗ガン剤治療)などもあり、これらの一つ、または組み合わせるなど、患者に合わせた適切な治療が行われます。

 

手術治療

ガンを含め、膵臓と周囲のリンパ節などを切除する方法です。膵臓ガンの位置により、いくつかの切除方法があります。他の臓器に転移があった場合、主要な動脈にガンの浸潤があった場合など、手術が難しい場合には別の治療法を選択します。

膵頭十二指腸切除

膵頭十二指腸切除膵頭部を中心にガンがある場合、膵臓頭部、十二指腸、胃の一部(または、含まない)、胆嚢(たんのう)、胆管などを取り除きます。残った膵臓と小腸をつなぎ、膵液が小腸に流れ込むようにします。

 

膵全摘術

ガンの範囲によっては、膵臓をすべて切除する手術が必要となる場合があり、周囲の胃や腸の一部、胆嚢、脾臓(ひぞう)、リンパ節なども摘出しなければならないため、消化酵素やホルモンを分泌する機能が失われてしまいます。

放射線療法

放射線療法は、放射線を膵臓ガン患部に照射して、ガン細胞の増殖を抑えることを目的とした治療法です。通常は体の外から照射を行いますが、手術中に臓器に直接放射線を照射を行ったり、開腹した状態で、ガンの切除後に再発防止として行うこともあります。
また、治療の効果を高めることを目的に、放射線療法と化学療法を併用することもあります。

姑息治療(こそくちりょう)、緩和治療

ほかの臓器やリンパ節に転移があり、ガンの切除が難しいときなど、ガンの根治を目的とせず、ガンからくる痛みや症状を緩和し、QOL(生活の質)を上げるための治療です。
たとえば、胆管が詰まっている場合には、胆管と小腸をつなぎ、胆汁の流れをよくする手術や、十二指腸が詰まっている場合には、胃と小腸をつなぐバイパス手術が行われます。

手術治療の後遺症

後遺症は手術により異なりますが、膵臓を全摘した場合、消化酵素やホルモンを分泌する機能が失われるため、消化酵素やインシュリンの注射が必要となり、糖尿病にも注意が必要です。腸の働きを調整する神経を切除する場合もあり、下痢を起こしやすくなります。膵頭部を切除した場合、小腸などとつなぎ合わせることにより体力が落ち、回復に時間がかかります。

放射線療法の後遺症

放射線を当てる量により、吐き気や嘔吐、食欲不振などが起こります。白血球の減少にも注意が必要です。
放射線が胃や腸に当たると、粘膜がいたみ、出血することもあります。