肺ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

肺ガンの治療法

肺ガンの治療では、主に「手術治療」、「放射線療法」、抗ガン剤による「化学療法」の3つがあげられます。ガンのある場所、ガンの組織型、ステージ(病期)、現在かかっている病気や心臓、肺、肝臓などの機能や健康状態に基づいて、治療方法を決めていきます。

一般的に、小細胞肺ガンは抗ガン剤が効きやすい特徴がありますので、化学療法を主体に治療が行われます。

手術治療

早期肺ガンの場合に行われます。
標準的な手術として、ガンの発症している肺葉(上葉、中葉、下葉)と、転移している場合はリンパ節を郭清(かくせい)します。また、片方の肺を全て切除する場合もあります。発症しているガンが小さい場合でも、肺葉ごと切除しないと予後が不良になってしまいます。手術後に抗ガン剤による化学療法が必要となる場合があります。

楔状切除(きつじょうせつじょ)

ガン細胞を含め、1cmから2cm離れた正常な部分を楔形(くさびがた)に取り除きます。

肺葉切除(はいようせつじょ)

肺葉切除

 

ガンのある肺葉を取り除きます。

 

片肺全摘出(かたはいぜんてきしゅつ)

片肺全摘出

 

ガンのある側の肺をすべて取り除きます。

放射線療法

X腺や高エネルギーの放射線を使ってガン細胞を消滅させます。
身体の外から肺ガンやリンパ節に放射線を照射する「外照射療法」と、放射性物質を針やシード(小さな粒状の物体)、ワイヤー、カテーテル(細い管)などの中に封入し、ガン細胞内部、または周辺に直接留置する「内照射療法」があります。
また、小細胞肺ガンは脳へ転移することが多いため、転移を防止する目的で、脳への放射線療法(予防的前脳照射)が行われることがあります。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質)」を改善するための取り組みです。ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体的問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。
緩和ケアを、ガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。

治療による副作用と後遺症

手術治療

肺を切除した結果、息切れや、手術の後約半年から1年間くらいは、手術跡の痛みを伴うことがあります。

  • 手術後は創部の痛みがしばらく続くこともあります。
  • 肺を切除した結果、肺の容積が小さくなり、息切れや呼吸困難を伴います。

放射線療法での後遺症は、全ての人にみられることではありませんし、
照射していない部位に症状はありません。

放射線性肺蔵炎

胸部に放射線を照射した場合、肺の組織が炎症を起こし咳が長引いたり、
軽い呼吸困難を起こすことがあります。咳止めやステロイド剤などで対症治療を行います。