非小細胞肺ガン ステージ(病期) Ⅳ期

非小細胞肺ガン ステージ(病期)

非小細胞肺ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期(ⅠA期、ⅠB期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期)、Ⅳ期に分けられます。
小細胞肺ガンでは、限局型、進展型に大きく分け治療する方法があります。治療は主にステージにより決定されますが、同じステージでも、全身状態、年齢、心臓、肺機能などにより、治療が異なる場合があります。


非小細胞肺ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期(ⅠA期、ⅠB期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期)、Ⅳ期に分けられます。
小細胞肺ガンでは、限局型、進展型に大きく分け治療する方法があります。治療は主にステージにより決定されますが、同じステージでも、全身状態、年齢、心臓、肺機能などにより、治療が異なる場合があります。

非小細胞肺ガン ステージ Ⅳ期

胸水や心臓周囲に水がたまっていたり、胸膜に播種性転移(肺の膜から胸腔(きょうくう)や腹腔内(ふくくうない)に種をまいたようにひろがっていく)したり、ものとガンのある場所と反対側の肺だけでなく、肺から離れた臓器やリンパ節にも転移しているもの

主な治療法法としては、放射線療法、化学療法、緩和治療などがあります。