非小細胞肺ガン ステージ(病期) Ⅲ期

非小細胞肺ガン ステージ(病期)

非小細胞肺ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期(ⅠA期、ⅠB期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期)、Ⅳ期に分けられます。
小細胞肺ガンでは、限局型、進展型に大きく分け治療する方法があります。治療は主にステージにより決定されますが、同じステージでも、全身状態、年齢、心臓、肺機能などにより、治療が異なる場合があります。

非小細胞肺ガン ステージ Ⅲ期

さらに2つに分かれⅢA期、ⅢB期とよばれます。

ⅢA期

肺にあるガンが胸壁や横隔膜、縦隔(じゅうかく)、同じ肺葉の中の離れたところ、あるいは同じ側の肺の中などに広がり、最初に発症したガンと同じ側の肺門リンパ節にも転移しているもの
または、ガンがその大きさ、広がりに関係なくガンと同じ側の縦隔部や気管分岐部のリンパ節へ転移しているもの
あるいは、ガンが肺葉を越えて同じ側の肺の中へ広がっていたり、縦隔や周囲の太い血管や食道などの臓器に広がっているが、リンパ節への転移はないもの

ⅢB期

ガンがその大きさ、広がりに関係なく、反対側の肺の縦隔や肺門部のリンパ節あるいは鎖骨上窩(さこつじょうか:鎖骨に上の深いくぼみ)のリンパ節へ転移しているもの
または、リンパ節転移に関係なく、ガンが同じ側の肺の中や周囲の太い血管や食道などの臓器に広がっていて、同じ側の縦隔部や気管分岐部のリンパ節にも転移しているもの

主な治療法としては、手術治療、放射線療法、化学療法などがあります。