肝臓ガン ステージ (病期)Ⅲ期

肝臓ガンは、ガンの大きさや数、肝臓内の血管への広がり、肝臓以外の臓器への転移や程度により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅲ期

  • 肝臓に2cmを超えるガンがあり、肝臓の血管中にもガン細胞が広がっているもの
  • 肝臓の一葉に2cm以下のガンがあり、肝臓の血管中にもガン細胞が広がっているもの
  • 肝臓の一葉に2cmを超えるガンがいくつかあるが、肝臓の血管中にガン細胞がないもの

肝臓 3期主な治療法としては、「手術治療(部分切除・左葉右葉どちらかの葉を切除)」、「肝動脈塞栓術(かんどうみゃくそくせんじゅつ)」、「化学療法」(抗ガン剤治療)などが行われます。