腎臓ガン ステージ(病期)

腎臓ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅰ期

腎臓ガンステージⅠ期ガンの大きさが4センチ以下で、腎臓にとどまるもの

主な治療法としては、「手術治療」が行われます。
高齢者や内科的疾患があり、手術治療ができない場合は「動脈塞栓術」を行うことがあります。

 

腎臓ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅱ期

腎臓ガンステージⅡ期ガンの大きさは4センチから7センチで、腎臓にとどまるもの

主な治療法としては、「手術治療」が行われます。
高齢者や内科的疾患があり、手術治療ができない場合は「動脈塞栓術」を行うことがあります。

 

腎臓ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、
Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅲ期

  • ガンの大きさが4センチから7センチで腎臓にとどまり、リンパ節に1つ転移しているもの
  • ガンが主静脈内または副腎、腎周囲組織に浸潤しているがゲロタ筋膜を越えず、
    リンパ節に1つの転移があるもの
  • ガンが横隔膜(おうかくまく)を越え、下大静脈に浸潤しているが、
    リンパ節への店はないもの

腎臓ガン ステージⅢ期

主な治療法としては、「手術治療」が行われ、リンパに転移している場合は、「リンパ節郭清」も行われます。高齢者や内科的疾患があり、手術治療ができない場合は「動脈塞栓術」を行うことがあります。

腎臓ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅳ期


ガンが筋膜を越えて浸潤し、2箇所以上のリンパ節に転移がある。また、他臓器へ転移があるもの

腎臓ガンステージⅣ期

 

主な治療法としては、「手術治療」、「化学療法」(抗ガン剤療法)、「放射線療法」、「免疫療法」が行われ、リンパに転移している場合は、「リンパ節郭清」も行われます。手術治療ができない場合、「緩和療法」を行うことがあります。