胆嚢ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

胆嚢ガン 治療法

胆嚢ガン胆嚢ガンの治療方法は、「手術治療」、「放射線療法」、「化学療法」などがあります。
手術治療が基本となり、ガンの進み具合と体の状態などによって選択されます。初期にガンが発見された場合は、胆嚢だけを切除しますが、進行すると、隣接した周囲の組織や臓器の一部も切除します。また、ガンの根治を目的にした治療だけではなく、ガンによる症状を軽減するための治療法などもあり、症状に合わせた療法が行われます。

 

手術治療

手術治療は、体からガンを切り取ってしまう治療法です。進行し、ほかの臓器に転移した場合は合併した手術が必要となります。

単純胆嚢摘出術

ほかの臓器やリンパ節に転移がない場合、胆嚢だけを切除します。

拡大胆嚢摘出術
肝葉切除
膵頭十二指腸切除
 

そのほかの手術治療

ガンの切除を目的に開腹したが、播種や肝転移をしていると、確認だけしかできず、切除は行えない場合があります。それは、切除を行っても改善が期待されない場合、無理に手術せず、負担をかけないようにするためです。十二指腸や大腸に転移があり、ガンに対する手術を行わない場合は、ガンが浸潤して消化管の通過障害などを解消する、バイパス手術を行います。

放射線療法

胆嚢ガンに対する放射線療法は、あまり効果が期待できないと言われていますが、ガンが縮小したり、胆管閉塞が改善されるため、黄疸が緩和されるなどの効果が見られることがあります。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質」を改善するための取り組みです。ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。緩和ケアをガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。
最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。