胆嚢ガン ステージ(病期)

胆嚢ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅰ期

胆嚢ガン ステージⅠ期ガンが胆嚢内(粘膜あるいは固有筋層)にとどまっていて、リンパ節に転移はないもの

主な治療法としては、「手術療法」が行われます。

 

胆嚢ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅱ期

  • ガンが固有筋層を越えているが、壁内にとどまっているもの
  • ガンが胆嚢内にとどまり、もっとも近いリンパ節に転移があるもの

胆嚢ガン ステージⅡ期

主な治療法としては、リンパ節郭清(かくせい)を含む「手術治療」、抗ガン剤による「化学療法」などがあります。

 

胆嚢ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

ステージ Ⅲ期

  • ガンが胆嚢から出ているもの
  • ガンが肝臓や胆管にも広がり、少し離れたリンパ節に転移があるもの

胆嚢ガン ステージⅢ期主な治療法としては、リンパ節郭清(かくせい)を含む「手術治療」、抗ガン剤による「化学療法」などがあります。

胆嚢ガン ステージⅡ期

胆嚢ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分けられます。

 

ステージ Ⅳ期

  • ガンが胆嚢の外のほかの臓器やリンパ節に転移しているもの
  • 腹膜転移、遠隔の臓器に転移している

胆嚢ガン ステージⅣ期主な治療法としては、「手術治療」、「緩和治療」、「対症療法」などがあります。