食道ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

食道ガン 治療法

食道ガンの治療方法は、「手術治療」、「放射線療法」、抗ガン剤による「化学療法」などがあり、ガンの進み具合と体の状態によって選択されます。
もっとも一般的な治療法は手術治療ですが、早期の食道ガンには、「内視鏡」を使った治療が行え、進行して手術治療が適応できない場合、ガンの症状を緩和する「緩和治療」などが行われます。放射線療法や化学療法は、単独で行われることもありますが、治療の効果を向上させるために組み合わせて行われる場合など、個人に有効な治療が行われます。

内視鏡的治療

内視鏡とは、口からカメラを入れ、食道・胃・大腸などの中を見ながら診察や治療などに使われる道具です。
初期の食道ガンでは、ガンの広がりが浅く小さい、リンパ節への転移がみられない腫瘍の切除に、この治療が行われます。また、開腹手術に体力が耐えられない場合にも、この治療が行われることがあります。切除した腫瘍は、ガンが粘膜内に収まっているか、切り口にガンがなく完全に切除されているか、などを顕微鏡で詳しく調べ、リンパ節への転移が疑われる場合は、追加の治療が必要となります。

内視鏡的粘膜切除術(ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ)

治療方法は、お腹の中に内視鏡を入れ、腫瘍の下に生理食塩水などを注入し、浮き上がった腫瘍を輪状のワイヤーを使い焼き切ります。
内視鏡的粘膜切除術

レーザー治療

内視鏡にファイバーを通し、ガン細胞にレーザー光線をあてて治療します。
ガン細胞の集まりやすい物質を静脈に注射し、低出力の光線で活性酸素を発生させ、ガン細胞を破壊します。手術治療に体力が耐えられない場合、この治療が行われることがあります。

手術治療

手術治療手術治療は、体からガンを切り取ってしまう治療法です。食道ガンではガンを含め、食道を切除し、同時にリンパ節を含む周囲の組織も切除します。
また、食道を切除した後には、食物の通る新しい道を作ったりします。食道ガンの発生部位により、手術治療の術式が異なります。

頸部 食道ガン

初期のガンが頸部の食道にとどまり、周囲への広がりもない場合はのどと胸の間の頸部食道のみを切除します。食道を切除すると、かわりに腸の一部を移植し再建します。
のどの近くまで広がったガンでは、陰頭も一緒に切除し、小腸の一部を咽頭と胸部食道の間に移植し、気管の入り口を頸部につくります。咽頭を切除してしまうと発声機能を失うことになります。そのため手術前に抗ガン剤治療や放射線療法を行い咽頭の温存を図ります。

胸部 食道ガン

胸部食道を全摘し、同時に胸部のリンパ節も切除します。食道切除後、胃を引き上げ、残った食道とつなぎ、食べた物が通る道をつくります。胃が使えない場合は小腸を使います。それぞれの状態で、胃や大腸・小腸を引き上げる経路により、前胸部の皮膚の下を通す方法、胸骨の下で心臓の前を通す方法、もともと食道のあった後ろを通す方法があります。

腹部 食道ガン

胸部・下部食道ガンで機能の悪い場合に、食道ガンにたいして左側を開胸して、食道の下部と胃の噴門部(ふんもんぶ)を切除します。

バイパス手術

ガンのある食道を残し、食べた物の経路を別につくる手術です。この手術治療は、ガンの根治を目的とせず、一時的にでも食事ができるように、胃を頸部まで引き上げ、頸部食道とつなぐ方法です。最近では、この治療にかわり、シリコンゴムや金属の網でできたパイプ状のものを食道中に置き、食べた物が通過できるようにする「食道内挿管法」を行うことがあります。

バイパス手術

バイパス手術ガンのある食道を残し、食べた物の経路を別につくる手術です。この手術治療は、ガンの根治を目的とせず、一時的にでも食事ができるように、胃を頸部まで引き上げ、頸部食道とつなぐ方法です。最近では、この治療にかわり、シリコンゴムや金属の網でできたパイプ状のものを食道中に置き、食べた物が通過できるようにする「食道内挿管法」を行うことがあります。

放射線療法

高エネルギーの放射線を使って、ガン細胞を死滅させる、もしくは増殖を抑える治療法です。
体外から照射する「体外照射」と、食道の腔内に自然に放射線を出す物質を直接挿入し、照射する「腔内照射(くうないしょうしゃ)」があります。根治治療を目的とした治療と、ガンによる痛みや出血などの症状を抑えるための治療などがあり、単体、または手術療法と組み合わせて手術治療後に行われる場合があります。

完治を目的とした放射線療法(根治治療)

ガンの広がりが、放射線を当てられる範囲内にとどまってる場合に行います。
放射線療法を単体で行うより、抗ガン剤を併用した方が効果があるという報告もあり、同時に行う治療が勧められます。

完治ではなく、ガンの症状を軽減する治療(姑息治療:こそくちりょう、緩和治療:かんわちりょう)

骨への転移による骨の痛み、脳への転移による神経症状、リンパ節転移による気管狭窄(きかんきょうさく)による呼吸困難、血痰(けったん)を改善、症状を和らげるために使用されます。

放射線療法による副作用

副作用の程度には個人差があり、症状が全く出ない人、強めに出る人がありますが、症状を和らげる薬もありますし、時期がくれば、自然に回復もします。

治療期間中に起こる副作用

頸部を治療した場合は、嚥下時(えんか:口の中で咀嚼(そしゃく)して飲み込む)の違和感、疼痛(とうつう)、咽頭の乾き、声のかすれなど。
胸部を治療した場合は、腹部不快感、吐き気、嘔吐、食欲低下、下痢など。
放射線が当たった皮膚は、日焼けに似た症状など。そのほか、倦怠感、食欲低下、血液障害としては、白血球が減少することがあります。

治療終了後に起きる副作用

心臓や肺に放射線が当たると、臓器に影響が出ることがあり、脊髄に大量の放射線が当たると、神経麻痺の症状が起こることがあります。ですが、放射線の照射量を調整するのが普通なので、危険とされる量は設定されることはまずありません。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質」を改善するための取り組みです。
ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。緩和ケアをガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。
最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。