食道ガン 腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

「腫瘍マーカー」とは、体内にできた腫瘍が作り出す「特殊な物質」が体液中(主として血液中)に出現することを言います。体液(主に血液)で測定でき、腫瘍の状態の目安として使用されます。規準以上に出たときは、ガンがあることが推測されます。

腫瘍マーカーの検査は、ガンのスクリーニング(ふるいわけ)として行われます。
まだ理想的な検査とは言えないため、「陽性だから必ずガンがある」「陰性だから安心」というわけではありません。ガンを診断していくための補助的な検査、治療していくための経過観察のための検査として利用されています。

食道ガン 腫瘍マーカー