食道ガン

1. 食道ガンの診療の流れ

1 

ガンの疑い
「いつもと体調が違う」と感じたら、なるべく早く受診しましょう。
次のステップへ
2 

受診
現在の症状や気になっていることなどを担当医に話して下さい。担当医との会話は、メモしておくと便利です。次の診察や検査の予定が決まります。
次のステップへ
3 

検査や診断
X線検査や内視鏡検査、病理検査、超音波検査、CT検査、注腸検査などの検査が行われ、検査の結果や診断の説明があります。
次のステップへ
4 

治療法の選択
ガンや体の状態に合わせ、治療方針の説明があります。
次のステップへ
5 

治療
食道造影検査(レントゲン)、内視鏡、画像診断(CT、MRI、PETなど)、超音波検査、超音波内視鏡検査などの検査が行われ、検査の結果や診断の説明があります。
次のステップへ
6 

経過観察
治療後、体調の変化やガンの再発・転移がないかなどを確認します。
しばらく通院し、検査などを行うことがあります。

2. 食道とは

食道食道とは「のど(咽頭:いんとう)」から胃の間をつなぐ、消化器の一部です。「嚥下運動」(えんげうんどう:口の中でよく噛みくだき、飲み込む)や「蠕動運動」(ぜんどううんどう:虫のようなような動き)によって、口から胃まで食べた物をスムーズに送る働きがあり、食道の出口には、胃の入り口から食べた物が逆流するのを防止する機構があります。

粘膜食道の大部分は「a.胸部食道」で胸の中にあり、「b.頸部食道」は首(咽頭の真下)、「c.腹部食道」は腹部(横隔膜の真下)に位置しています。
食道は丈夫な上皮で覆われており、壁の内側から「①粘膜」(粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板)「②粘膜下層」「③固有筋層」「④外膜」の層でできています。

 

3. 食道ガンの発症

食道ガンの発症原因は、ほかのガンと同様にはっきりした原因はわかっていませんが、食道粘膜に炎症を与え続けることが影響しているようです。

中高年の男性に多く発症する食道ガンは、刺激の強い辛み成分や、熱いものを日頃から多く摂取していることが食道に炎症を起こす原因になっているようです。たばこに含まれるニコチンや、アルコールなどは食道の粘膜を刺激し、辛み成分や熱いものを好む人も同じように、食道を傷つけています。喫煙や、大量の飲酒はつつしみたいものです。

食道はほかの消化器臓器とは異なり、臓器を包む漿膜(しょうまく:外膜)がないため、食道周囲に浸潤しやすいと考えられます。

4. 食道ガンの検査

食道ガンが疑われると、「食道造影検査」(レントゲン検査)、「内視鏡」、「画像診断(CT、MRI、PETなど)」、「超音波検査」、「超音波内視鏡検査」などの検査が行われます。

食道造影検査
バリウムを飲み、レントゲンで撮影する検査です。食道の直径の長さ、形、通過の状態など、全体的に調べることができます。
内視鏡
口から内視鏡を挿入し、ガンの疑いがある組織を採取して顕微鏡で調べます。
ガンがあった場合は、広がりや表面の状態を直接観察することができます。ポリープがあればその場で取り除きます。通常の内視鏡検査に加え、ヨウ素液(薄い黄色の液体で、でんぷんにつけると青紫に染まる)を用いた「色素内視鏡」を行うこともあります。ヨウ素液はガンなどの異常がある部分には色がつかないことを利用し、食道にヨウ素液をかけ調べる検査です。
CT検査
X線を使った体の輪切り映像で、腹部や胸部の異常を調べる検査です。治療前検査では、造影剤を注射して検査を行いますので、ヨードアレルギーがある場合は注意が必要です。ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
MRI検査
強い磁石と電波を使った輪切りの映像で、体内の様子を調べる検査です。CT検査と同じような、ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
PET
ブドウ糖に近い成分の検査薬(FDG)を体内に注射し、PET(CTやMRIのようなドーナツ状のスキャナーを通過)で撮影すると、検査薬が多く集まるところがわかり、ガンを発見する手がかりになるという検査です。
超音波検査
超音波を腹部に当て、返ってくる反響を映像化して診断する検査です。妊娠中のお腹に当てる検査としても知られています。
超音波内視鏡検査
超音波(エコー)装置を伴った内視鏡で、検査を行います。超音波で粘膜下の状況を見ながら脂肪を採取することもでき、内視鏡でが見ることのできない組織の内部を観察できます。

5. 食道ガンとは

食道ガンとは、食道の壁の内側にできた「悪性腫瘍」のことを言います。
日本では、食道ガンのほとんどが「扁平上皮(へんぺいじょうひ)ガン」で、残りが「腺(せん)ガン」と、そのほかのガンです。欧米では腺ガンが増加しており、日本でも生活習慣や食生活の欧米化により、今後は腺ガンの増加が予想されています。

扁平上皮ガンは食道の一番内側の壁、粘膜に発症します。
粘膜にできたガンは、進行するにつれ、胃の壁を深く広く「浸潤(しんじゅん)」していきます。浸潤していくと、ガンは「転移」しやすくなり、食道の周りのリンパ節だけではなく、腹部や首のリンパ節、リンパ管や血管に入り込こみ、流れに乗って気管、肺、心臓といった周囲の臓器に転移し増殖します。

腺ガンには、「バレット食道」が関係していると考えられています。
「バレット食道」とは、逆流性食道炎(胃酸が食道に逆流し、食道の粘膜が炎症を発生させる繰り返しで、食道の粘膜が胃の粘膜の円柱上皮(えんちゅうじょうひ)に置き換わる)が原因で起こる状態です。

6. 食道ガンの症状

食道ガンの初期症状として代表的なものは

  • 軽くつかえる感じ
  • 食道に何かある感じ
  • 食べたり飲んだりする時にしみる感じ

などがあります。

ガンが進行すると

  • 食道が狭くなり吐き気が起きる
  • 肉などの固形物のつかえ
  • 体重減少

などがみられるようになります。

ガンが食道の壁から外に出て、まわりの肺や背骨、大動脈を圧迫するようになると、「背中や胸の痛み」、肺などに転移すると「血の痰(たん)や咳」の症状が出てきます。
「声がかすれる」症状は、声を作用している神経をガン細胞が圧迫し、このような症状があらわれます。声を作用する場所、のどの奥、肺、肝臓の順番でガンに侵されていきます。脳に転移した場合は、「神経障害」や「けいれん」が起こります。

7. 食道ガン ステージ(病期)

食道ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、ⅣA期、ⅣB期に分けられます。

食道ガンの進み具合(病気、進行度)別、治療法の適応

食道ガン ステージ

8. 食道ガン 治療法

内視鏡治療
ガンが小さく、まだ浅い場所にあり、リンパ節に転移がない場合には内視鏡を使った治療が行われることがあります。内視鏡の先についた針金のようなものでガンを切り取る方法と、内視鏡の先についたナイフではぎ取る方法、ガン細胞の集まりやすい物質を静脈に注射し、ファイバーを通してガン細胞にレーザー光線をあててガン細胞を破壊する方法などがあります。手術の跡もほとんど残らず、短期の入院で回復も早いのですが、リンパ節に転移がなく、広がりの小さい初期のガンにしか対応しません。
手術治療
手術治療は、ガンと食道を切り取ってしまう食道ガンの治療で一般的な方法です。ガンのある部位や進行により切除し、食道を切除した後の食べ物が通る新しい道を再建します。
また、リンパ節に転移がある場合は一緒に切除します。
放射線療法
高エネルギーのX線を当て、ガン細胞を消滅させる治療です。体外から照射する「外照射」と、放射線が出る物質を食道に挿入して照射する「腔内照射」があります。
また、根治を目的に行う場合と、ガンによる痛みや出血を抑える目的で行う場合があります。人によって疼痛(とうつう)や吐き気、そのほかの副作用があらわれることがあります。
化学療法(抗ガン剤治療)
抗ガン剤には、ガン細胞を殺したり増殖を抑えたりする作用があります。手術と組み合わせて使われる方法(補助化学療法)と、手術が難しい場合に使われる方法があります。抗ガン剤を使用する場合、人によっては吐き気や脱毛など多くの副作用が伴います。
また、さまざまな抗ガン剤が開発されており、効き目の高い抗ガン剤も出てきています。外来で抗ガン剤治療を受ける日帰り治療や、飲むタイプの抗ガン剤を使う在宅療法が広がるなど、抗ガン剤の治療内容に変化が見られるようになっています。
緩和医療(かんわいりょう)
患者さんの苦痛を和らげることを目的とした、患者さんとその家族に対して行う医療ケアです。ガンの病状や時期に関係なく、体や心のつらさを和らげ、「その人らしさ」を大切にすることを目的に行います。
また、ホスピス(緩和ケア病棟)という、ガンの進行に伴う体や精神的な症状があり、ガンの治療が難しくなったりガンの治療を希望しない方を主な対象とした施設などもあります。(施設により、受け入れの基準が異なるため、直接施設にお尋ね下さい。)

9. 食道ガン 治療の経過

転移について
転移とは、食道のガン細胞が血液やリンパの流れに乗って、他の臓器で増殖することです。
肺や肝臓への転移では、ガンが進行し大きくなるまで症状が出ませんが、進行すると胸の壁を押し、咳が出たり、胸の痛みを感じたりします。肝臓や胃へ転移し進行すると、腹部の痛みや張りといった症状があらわれ、骨への転移は痛みを感じます。
再発・再発予防
再発とは、手術や抗ガン剤の治療により、一旦は治ったように見えていたガンが、再び出現することを言います。食道ガンの再発は、リンパ節と肺、肝臓などの臓器や骨への転移がほとんどです。首のつけ根のリンパ節に再発すると首が腫れたり、声がかすれるなどの症状が、胸や腹部の奥のリンパ節に再発すると、背中や腰が重い感じの痛みの症状があらわれてきます。 

どんなガンでも言われることですが、たばこ、飲酒はガンにとって悪影響をおよぼすものです。予防としては、やはり禁煙、禁酒をお勧めします。そのほか、食道ガンでは塩辛などの塩分の強いもの、こげた部分を食べないこと、カビの生えたものを避けること、熱い食べ物は冷まして食べることなど、注意が必要です。緑黄色野菜やビタミン、食物繊維を摂取し、バランスの良い食事を心がけましょう。
また、紫外線を浴びすぎないことや睡眠不足、疲労などでストレスをためないこと、適度な運動も再発防止の方法にあげられています。

再発予防の治療
再発や転移の予防に行われる治療は、部位、症状、初回の治療法などの反応を考慮し、選択されますが、放射線療法か抗ガン剤治療がほとんどになります。
予後
悪性度が高いと言われる食道ガンでも、早期ガンの治療成績は良好です。ほかの臓器に広がるガンや、多くのリンパ節に転移がある場合は、治療が困難になります。高度に進行した場合は、治癒できる治療法が確立されていません。
したがって、早期発見と治療が重要になってきます。