大腸ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

大腸ガン 治療法

大腸ガンの治療では、手術療法が最も効果のある標準的な治療ですが、ステージ(病期)などにより、内視鏡での治療や、手術治療、ガン細胞といっしょにリンパ節の郭清(かくせい)や他の臓器の切除を行う手術、化学療法を用いた治療などを行います。

内視鏡的治療

内視鏡(大腸カメラ)とは、お尻からカメラを入れ、大腸の中を見ながら診察や治療などに使われる道具です。
初期の大腸ガンでは、ガンの広がりが浅く小さい、リンパ節への転移がみられない腫瘍の切除に、この治療が行われます。切除した腫瘍は、ガンが粘膜内に収まっているか、切り口にガンがなく完全に切除されているか、などを顕微鏡で詳しく調べ、リンパ節への転移が疑われる場合は後日、開腹手術が必要となります。

内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)

ポリペクトミー

茎のあるポリープを、内視鏡の先端についた輪状のワイヤーを茎の部分にかけて締め、高周波電流で焼き切ります。

内視鏡的粘膜切除術
 

内視鏡的粘膜下層剥離術(ないしきょうてきねんまくかそうはくりじゅつ)

内視鏡で使える細いナイフにより、腫瘍を剥離する(はぎ取る)方法です。

内視鏡的粘膜下層剥離術
 

腹腔鏡手術


ガンが、盲腸や上行結腸、S状結腸に発症し、内視鏡的治療ができない早期ガンやポリープが対象です。腹部に数カ所穴を開け、炭酸ガスで腹部を膨らませます。腹部の穴に腹腔鏡を入れ、その画像を見ながら、穴から入れた器具で治療します。手術時間は開腹手術より長くなりますが、小さな孔から治療が行えますので、術後の痛みも少なく負担の少ない手術です。ただ、腹腔鏡手術は開発されて間もないこともあり、専門医が限られています。腹腔鏡手術を希望する場合、専門医のいる病院を受診し、説明を十分に受けて下さい。

腹腔鏡手術
 

手術治療

最も標準的な治療法で、早期でも内視鏡での治療が適応しない場合は、手術が行われます。周囲のリンパ節に転移が見られるときは、一緒に切除します。


骨盤内の深く狭い場所にある直腸ガンの場合、周囲には前立腺や膀胱、子宮、卵巣などの「泌尿生殖器」や、日常生活に重要な排便や排尿、性機能を支配している「自律神経」があります。そのため、「排尿生殖器」や「自律神経」を残す手術など、進行度に応じたさまざまな手術法を行います。

また、以前は直腸ガンには「人工肛門」が多く作られていましたが、人工肛門を避ける手術もできるようになってきています。

大腸
 

結腸ガン手術

直腸ガンの場合、切除する結腸の量が多くても、術後の機能障害はほとんど起きません。転移したリンパ節といっしょに結腸切除が行われます。

直腸ガン手術

直腸は骨盤内の狭く深いところにあり、泌尿生殖器(前立腺、膀胱、子宮、卵巣など)があり日常生活において重要な機能(排便、排尿、性機能)は骨盤内にある自律神経です。直腸ガンの手術では、自律神経を温存することや、排尿機能を残すことが可能です。
ですが、自律神経近くに進行しているガンがある場合は神経を切除することも必要となります。そのほかさまざまな手術方があり、進行度により選択されます。

自律神経温存術(じりつしんけいおんぞんじゅつ)

直腸ガンの進行度合いや、排尿機能と性機能を支配する自律神経を温存する方法。
全部の神経が残せれば、手術前と同じ機能を完全に温存することができます。

肛門括約筋温存術(こうもんかつやくきんおんぞんじゅつ)

ガンを切除したあと、短くなった直腸と結腸を縫合します。
肛門から4cm以上、肛門と直腸との境から2cm以上離れていれば、手術後の機能障害が、かなり軽減できます。こうした手術により、肛門からの排便も手術後に可能になります。

人工肛門

肛門、または肛門近くに発症したガンは、人工肛門を造ることになります。
高齢者は肛門括約筋の力が弱くなっているため、括約筋温存を行っても排便の調整が難しい場合があります。
人工肛門
 

局所切除

早期ガンに行われる手術法です。開腹手術ではなく、肛門からと仙骨(せんこつ)近くの皮膚(ひふ)、結腸を切開し、治療する方法です。術後には、放射線や化学療法を行う場合もあります。

局所切除

 

放射線療法

大腸ガンでは、手術が可能な場合での骨盤内からの再発を抑制するためや、手術前にガンを縮小させる目的で行う補助的な療法と、手術ができない場合に行う、ガンによる痛みや出血の症状を緩和させる目的の療法があります。

補助放射線療法

切除可能な直腸がんに、高エネルギーX腺を体の外から照射し、ガンの増殖を抑制することを目的に行われます。手術の前に、抗ガン剤による化学療法と放射線療法を併用する治療が行われることもあります。

緩和的放射線療法

ガンが進行し、切除が不可能な転移・再発した大腸ガンに対して行います。ガンによる痛みや出血などの症状を効果的に緩和する治療です。
また、骨転移による痛みや脳転移による神経症状などを改善する目的でも行われる治療です。

放射線療法による副作用

放射線が当たる部分が赤くなったり、腹部や骨盤内に当たるために起こる腸炎では、下痢が起こりやすく、排便時の痛みや、便失禁を伴うことがあります。全身倦怠感(けんたいかん)や吐き気、嘔吐、食欲低下、肛門痛、頻尿(ひんにょう)、排尿時痛、皮膚炎、会陰部の皮膚炎、白血球減少などの症状を起こすことがあります。
また、治療の数ヶ月後に、腸管や膀胱などからの出血、炎症などの副作用を起こすことがあります。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質)」を改善するための取り組みです。
ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体的問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。緩和ケアを、ガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。
最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。

手術による後遺症

大腸ガンに限らず、手術治療を行った後にはいくつかの後遺症がみられます。
結腸ガンの手術後は、下痢や吐き気、便秘などを起こすことがありますが、ほとんど後遺症の症状を起こすことはありません。直腸ガンの手術後には、「排便機能障害」や「排尿機能障害」など、さまざまな後遺症が生じることがあります。手術後、2週間以上経過すると腸の状態も安定してきますが、手術前と同じ機能にまでは回復しない場合もあります。

排便機能障害

直腸は、便が一定量たまると便意を起こし、肛門からたまった便を押し出し排便する働きを持っています。手術後は便をためておく直腸を短く切除したために、肛門括約筋(こうもんかつやくきん)を収縮したりゆるめる「自律神経」が傷つき、便意を感じる仕組みが障害されてしまいます。そのため、直腸が敏感になり、便が直腸まで来ていないのに、来ていると感じ便意を頻繁(ひんぱん)に感じるようになります。
また、大腸は、腸から水分を吸収する働きをしますが、大腸を大きく切除した場合、腸への通過時間が短く、充分に水分の吸収ができなくなり、便がゆるくなったり、排便の回数が増えたりします。

排尿機能障害

直腸ガンの場合、排尿機能障害は自律神経の傷害で起きます。
自律神経をできるだけ温存するように手術が行われていますが、ガンの広がりによっては一緒に切除する場合もあり、自律神経を切除すると、尿が思うように出なくなったり、残尿感を感じるようになります。残尿がたまると、膀胱炎(ぼうこうえん)や肝臓の機能に悪影響を与えることもあるので、薬による治療や、カテーテル(尿の出口から細い管を膀胱まで挿入し、自分でたまった尿を出す)による治療を行うことがあります。

性機能障害

直腸の周囲には、性機能に関わる「自立神経」が多くあるため、手術後に自立神経が傷つき、性機能傷害が起こることがあります。男性の性機能障害は、勃起が不十分で性交が行えないこと(勃起障害)や、勃起はできますが正常とは逆に膀胱へ射精してしまう(射精障害)があります。治療には複数の方法がありますので、担当医師や泌尿器科医に相談しましょう。女性では、直腸ガンの手術により、性交時の痛みが起こることがあります。
しかし、女性の機能に関わる自律神経の役割はまだわかっておらず、心理的な要因も大きいのではないかと考えられています。