大腸ガン

1. 大腸ガン診療の流れ

1

ガンの疑い
「いつもと体調が違う」と感じたら、なるべく早く受診しましょう。
次のステップへ
2

受診
現在の症状や気になっていることなどを担当医に話して下さい。担当医との会話は、メモしておくと便利です。次の診察や検査の予定が決まります。
次のステップへ
3

検査や診断
注腸造形検査や大腸内視鏡検査、画像診断(CT、MRI、超音波検査、PETなど)などの検査が行われ、検査の結果や診断の説明があります。
次のステップへ
4

治療法の選択
ガンや体の状態に合わせ、治療方針の説明があります。
次のステップへ
5

治療
手術治療、放射線療法、化学療法(抗ガン剤)などの治療法が決まり、治療が始まります。困ったことや辛いことは、遠慮せずに医師や看護婦に話して下さい。
次のステップへ
6

経過観察
治療後、体調の変化やガンの再発・転移がないかなどを確認します。
しばらく通院し、検査などを行うことがあります。

2. 大腸ガンとは

大腸の図大腸とは消化管の一部で、腸の中でももっとも太い腸のことをいいます。食べた物が胃を通り、「小腸」で消化され、大腸の前半部分で水分を吸収しながら、後半部分で固形の便にし、便を溜め、排便する働きを持っています。

 

大腸の図
大腸は、小腸から続く1.5mから2mの長さの腸管で、「結腸」、「直腸」と大きく2つに分かれ、場所によって名前が変わります。結腸とは、「①盲腸」、「②上行結腸」、「③横行結腸」、「④下行結腸」「⑤S状結腸」までを言い、「⑥直腸」は肛門から約20cm以内にある部分のことを言います。また、大腸の壁は「a.粘膜層」、「b.粘膜下層」、「C.固有筋層」、「d.漿膜下層」、「e.漿膜」の層でできています。

 

断面図

 

3. 大腸ガンの発症

大腸ガンの発症の原因はさまざまありますが、その一つに欧米型の食生活があげられます。
欧米型の食生活とは、高脂肪・高たんぱく・低食物繊維などの食事のことを言います。肉や消化されにくいものを食べたときに、体の中で大量に「胆汁(たんじゅう)」が分泌されます。その胆汁に含まれる「胆汁酸」が腸内で分解されるときに、発ガン性の物質が生まれやすくなると言われています。また、植物繊維不足による便秘も、ガン発症の原因と言えるでしょう。便が長い時間腸内に溜まると大腸に負担がかかり、胆汁酸と腸が触れる時間が長くなると、腸内環境も悪化してしまいます。

そのほか、親兄弟などの直系の家族が大腸ガンに罹った(かかった)人がいる場合、体質的にも環境的にも大腸ガンになりやすいと言えますので、注意が必要です。

4. 大腸ガンの検査と受診

大腸ガンが疑われると、「注腸造形検査」や「大腸内視鏡検査」などの検査を行います。
また、「画像診断(CT、MRI、超音波検査、PETなど)」などの検査は、¥主に肝臓や肺、腹膜(ふくまく)、骨盤内などへの転移を調べるために用いられます。

注腸造形検査
肛門からバリウムと空気を注入し、X線写真(レントゲン)撮影し、ガンの大きさや位置、腸の狭さなどを調べます。
大腸内視鏡検査
肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸を詳細に調べる検査です。ポリープや腫瘍を採取し、顕微鏡(けんびきょう)で調べる「組織生検(そしきせいけん)」を行うこともあります。開腹手術後や癒着(ゆちゃく:腸同士があちこちにくっついていること)している場合は、苦痛を伴いますが、鎮静・鎮痛剤を使用することもできます。
CT検査
X線を使った体の輪切り映像で、腹部や胸部の異常を調べる検査です。治療前検査では、造影剤を注射して検査を行いますので、ヨードアレルギーがある場合は注意が必要です。ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
MRI検査
強い磁石と電波を使った輪切りの映像で、体内の様子を調べる検査です。CT検査と同じような、ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
超音波検査
超音波を腹部に当て、返ってくる反響を映像化して診断する検査です。妊娠中のお腹に当てる検査としても知られています。
PET
ブドウ糖に近い成分の検査薬(FDG)を体内に注射し、PET(CTやMRIのようなドーナツ状のスキャナーを通過)で撮影すると、検査薬が多く集まるところがわかり、ガンを発見する手がかりになるという検査です。

5. 大腸ガンとは

大腸ガンとは、大腸(結腸、直腸)に発生する「悪性腫瘍」のことを言います。
内側の粘膜にできたガンは、進行するにつれ、大腸の壁を深く広く浸潤(しんじゅん)していき、浸潤していくと、ガンは「転移」しやすくなります。腸管の壁の中にある血管やリンパ管に入り込み、流れに乗って、リンパ節や他の臓器に転移を続けていきます。発症する場所により、「直腸がん」、「結腸がん」と呼ばれます。

「直腸ガン」は、大腸の中でも、肛門に近い約20cmの部分に発症するガンで「結腸がん」は、盲腸や上行結腸、横行結腸、S状結腸などにできるガンです。大腸癌がもっとも多く発生するのは、直腸とS状結腸です。

6. 大腸ガンの症状

早期の大腸ガンでは、ほとんど症状がありませんが、ある程度進行するとさまざまな症状があらわれてきます。

進行した大腸ガンでは、

  • 血便(肛門周辺の出血で血液が便に付着するもの)
  • 下血(排便時にみられる出血)
  • 下痢や便秘
  • 腸閉塞(ちょうへいそく:腸同士があちこちにひっつく)
  • 腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん:お腹が張り、ガスが溜まったような不快感)
  • 腹痛

といった、ガンではない病気でもみられる症状がみられます。
また、大腸ガンから転移した肺や肝臓などの腫瘤(しゅりゅう:かたまり)から先に発見されることもあります。

○直腸ガンでは、血便、下血が多く見られます。便の表面に赤黒い血液がつく程度で、大量の出血ではありません。痔(ぢ)の出血と間違いやすいですが、痔の出血はポタポタと落ちるのに対し、ガンの場合は便に血が付着します。
そのほか、ガンが進行すると多くの場合、腸内側に突出するため、便の通過が障害され便が細くなったり、腹部の膨満感、さらに進行すると大腸の内容物が通過できない腸閉塞の状態となります。

○S状結腸・下行結腸にできるガンでは、幅がせまく、腸の内容物も固形化しているため、通過障害を起こしやすく、腹部膨満感や腹痛の症状があらわれ、さらに、粘血便(ねんけつべん:粘液と血液がまじった便)が多くなるります。
また、下痢と便秘が交互に起こったり、便が細くなる、腸閉塞などの症状もおこりやすくなります。

○上行結腸・横行結腸にできるガンでは、症状があらわれにくく、ガンがある程度大きく進行した状態で、体重減少や貧血といった全身症状、腹部のしこり、腹痛として発見されることがあります。血便が出ることがありますが、長く腸を通ってくるため、自分では見つけにくい症状です。

7. 大腸ガン ステージ(病期)

大腸ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、ⅢA期、ⅢB期、Ⅳ期に分けられます。
大腸ガンの進み具合
 

8. 大腸ガン 治療法

内視鏡治療
ガンが小さく、まだ浅い場所にあり、リンパ節に転移がない場合には内視鏡を使った治療が行われることがあります。内視鏡の先についた針金のようなものでガンを切り取る方法と、内視鏡の先についたナイフではぎ取る方法があります。手術の跡もほとんど残らず短期の入院で回復も早いのですが、リンパ節に転移がなく、広がりの小さい初期のガンにしか対応しません。
手術治療
結腸ガンでは最も標準的な治療法で、早期でも内視鏡での治療が適応しない場合は、手術が行われます。周囲のリンパ節に転移が見られるときは、一緒に切除します。骨盤内の深く狭い場所にある直腸ガンの場合、周囲にある前立腺や膀胱(ぼうこう)、子宮、卵巣などの「泌尿生殖器(ひにょうせいしょくき)」や、日常生活に重要な排便や排尿、性機能を支配している「自律神経(じりつしんけい)」があります。そのため、「泌尿生殖器」や、「自律神経」を残す手術など、進行度に応じたさまざまな手術が行われます。
また、以前は直腸ガンの治療では「人工肛門」が多く作られていましたが、人工肛門を避ける手術もできるようになってきています。
腹腔鏡手術(ふくくうきょうしゅじゅつ)
お腹に小さな孔(あな)を開け、その孔から炭酸ガスを入れふくらませ、腹腔鏡でお腹の中を見ながら行う手術です。開腹手術よりも手術時間は長くなりますが、小さな傷で切除が可能ですから、術後の痛みも少なく数日で退院できる、負担の少ない治療です。
※大腸ガンに対する腹腔鏡での治療は、近年開発された手術法であり、特殊な技術やトレーニングが必要となります。どの施設でも安全に施行できるわけではありません。腹腔鏡手術を希望する場合、専門医がいる病院を受診し、十分に説明を受ける必要があります。
化学療法
抗ガン剤には、ガン細胞を殺したり増殖を抑えたりする作用があります。
手術と組み合わせて使われる方法(補助化学療法)と、手術が難しい場合に使われる方法があります。抗ガン剤を使用する場合、人によっては吐き気や脱毛など多くの副作用が伴います。また、さまざまな抗ガン剤が開発されており、効き目の高い抗ガン剤も出てきています。外来で抗ガン剤治療を受ける日帰り治療や、飲むタイプの抗ガン剤を使う在宅療法が広がるなど、抗ガン剤の治療内容に変化が見られるようになっています。
放射線療法
大腸ガンでは、手術が可能な場合での骨盤内からの再発を抑制するためや、手術前にガンを縮小させる目的で行う補助的な療法と、手術ができない場合に行う、ガンによる痛みや出血の症状を緩和させる目的の療法があります。放射線療法による副作用として、全身倦怠(ぜんしんけんたい)や吐き気、嘔吐、食欲低下、下痢、肛門痛、頻尿(ひんにょう)、排尿時痛、皮膚(ひふ)炎、白血球減少などの症状が人によって出ることがあります。
緩和医療(かんわいりょう)
患者さんの苦痛を和らげることを目的とした、患者さんとその家族に対して行う医療ケアです。ガンの病状や時期に関係なく、体や心のつらさを和らげ、「その人らしさ」を大切にすることを目的に行います。
また、ホスピス(緩和ケア病棟)という、ガンの進行に伴う体や精神的な症状があり、ガンの治療が難しくなったりガンの治療を希望しない方を主な対象とした施設などもあります。(施設により、受け入れの基準が異なるため、直接施設にお尋ね下さい。)