子宮頸ガン ステージ(病期)Ⅲ期

子宮頸ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、ⅠA期(ⅠA1期、ⅠA2期)、ⅠB期(ⅠB1期、ⅠB2期)、Ⅱ期(ⅡA期、ⅡB期)、Ⅲ期(ⅢA期、ⅢB期)、Ⅳ期(ⅣA期、ⅣB期)に分かれます。

ステージ Ⅲ期

子宮頸ガン ステージⅢ期さらに2つに分かれ、ⅢA期、ⅢB期とよばれています。ガンが骨盤壁まで達していて、ガンと骨盤壁との間に隙間はない。または、膣壁浸潤が下方部分1/3を越えるもの。

 

ⅢA期

ガンが膣の下方1/3まで広がっているが、骨盤壁までは達していないもの

ⅢB期

ガンが骨盤壁まで広がっているか、もしくは尿管(腎臓と膀胱をつなぐ管)を塞ぐまで腫瘍が大きくなっているもの

主な治療法として、「放射線療法」と抗ガン剤による「化学療法」(抗ガン剤治療)などがあり、「放射線療法」と「化学療法」を併用して治療することがあります。