子宮頸ガン

1. 子宮頸ガンの診療の流れ

1

ガンの疑い
「いつもと体調が違う」と感じたら、なるべく早く受診しましょう。
次のステップへ
2

受診
現在の症状や気になっていることなどを担当医に話して下さい。担当医との会話は、メモしておくと便利です。次の診察や検査の予定が決まります。
次のステップへ
3

検査や診断
胞診、組織診、コルポ診(コルポスコープ診)、円錐(えんすい)切除術診などの検査が行われ、検査の結果や診断の説明があります。
次のステップへ
4

治療法の選択
ガンや体の状態に合わせ、治療方針の説明があります。
次のステップへ
5

治療
手術治療、放射線療法、化学療法(抗ガン剤)などの治療法が決まり、治療が始まります。困ったことや辛いことは、遠慮せずに医師や看護婦に話して下さい。
次のステップへ
6

経過観察
治療後、体調の変化やガンの再発・転移がないかなどを確認します。
しばらく通院し、検査などを行うことがあります。

2. 子宮とは

子宮子宮とは、妊娠時に体内で胎児が入る器官です。
子宮の2/3は「①子宮体部」、子宮の下部にあり、膣とつながった1/3が「②子宮頸部」と呼ばれています。合わせて約8cmほどの長さです。膀胱と直腸の間にあり、骨盤の底に固定されています。

 

子宮子宮の左右には「③卵巣」があり、子宮と卵巣を結ぶ「④卵管」が広がっています。子宮は、伸縮性のある平滑筋という筋肉でできた臓器です。

 

子宮 層「a.子宮内膜」、「b.子宮筋層」、「c.漿膜」と、3つの層の壁でできています。

 

3. 子宮頸ガンの発症

子宮ガンの原因は、ほぼ100%「ヒトパピローマウイルス」の感染が関連しています。多くの場合、性交渉によってウイルス感染することが考えられ、全ての女性の約80%は、一生に一度、感染していると言われています。感染した全ての女性が子宮頸ガンになるわけではありませんが、ごく少数は可能性を持っていることになります。通常、ヒトパピローマウイルスに感染しても免疫力で体内からウイルスは排除され、約2年以内には自然消滅しますが、約10%は感染が長期化(持続感染化)し、長期化すると細胞に異常が生じ、さらに10年以上経過した後、ごく一部(数%)が、子宮頸ガンに進行することがあるのです。

子宮頸ガンの発症は30歳代で増え始め、40歳代から50歳代でもっとも多くなります。
しかし近年、20歳代から30歳代の女性に子宮頸ガンの発症が増えてきています。性交渉の低年齢化などが影響していると思われ、これから妊娠や出産を迎える女性が疾患するという、世界的な問題にもなっています。若い年代での発症は進行が早く、悪性度も高くなります。

そのほか、喫煙が発ガン要因とも言われ、ヒトパピローマウイルスの感染者と喫煙は、それぞれが「異常な成長を制御している免疫の機能」を低下させているのではないかと言われています。

4. 子宮頸ガンの検査と受診

子宮頸ガンが疑われると、「細胞診」、「組織診」、「円錐(えんすい)切除術診」「コルポ(コルポスコープ)診」などの検査を行います。

細胞診
子宮頸部の表面全体を綿棒やへらのような器具でこすり、その部分の細胞を採取して顕微鏡で調べます。結果が出るまでに、約1週間かかります。
組織診
疑わしい子宮頸部の一部を切り取り、顕微鏡で調べます。痛みもなく、出血があってもすぐに止まります。子宮頸部の奥の組織を採取する際は、「掻爬(そうは)組織診」(細胞をひっかくように削り取る)を行います。
コルポ(コルポスコープ)診
膣拡大鏡(ちつかくだいきょう:コルポスコープ)で子宮頸部の粘膜表面を観察しながら、組織を採取し、顕微鏡で調べます。ガンの進行度に区別を付けることができます。
円錐切除術診(治療を兼ねた検査)
細胞診で早期のガンであることがわかった場合に、ガンのある子宮頸部の入り口(膣側)を円錐状に切除して調べます。子宮温存を目的とした検査です。ガンを全て取りきれていれば、治療まで完了することになります。

5. 子宮頸ガンとは

婦人科のガンでもっとも一般的な子宮ガンには、「子宮頸ガン」と「子宮体ガン」(子宮内膜ガン)があります。
子宮頸ガンとは、子宮の入り口(子宮頸部)に発生する「悪性腫瘍」のことをいいます。ガンの増殖は非常にゆっくりですが、子宮頸部にあらわれる前から、早期の正常でないガン細胞が、検診などで見つかりやすいガンです。ガンが進行し始めると、子宮の壁を深く浸潤(しんじゅん)していきます。浸潤するとリンパ管や血液の流れにのり、リンパ節や膣、子宮のまわりの組織、肺・肝臓・骨などに転移していきます。

6. 子宮頸ガンの症状

初期の子宮頸ガンでは、ほとんど症状がなく自分で気づくことができません。

少し進行すると、

  • 月経でない時の出血
  • 性行為の際の出血
  • 普段とちがうおりものが増える

などの症状がみられます。

さらに進行すると、

  • 普段とちがうおりものが増える
  • 普段とちがうおりものが増える
  • 多量の不正性器出血
  • 下腹部痛
  • 発熱

などがあらわれます。

ガンが進行すると、子宮を摘出する手術が必要なこともあり、妊娠・出産の可能性を失うことになってしまいます。また、高齢者の検診が少なく、大きな症状が出たときには進行していることが多くあります。まわりの臓器に広がっている場合には、子宮だけではなく、卵巣やリンパ節、周辺の臓器も一緒に摘出しなくてはならなくなります。

7. 子宮頸ガン ステージ(病期)

子宮頸ガンは悪性腫瘍ができている場所、深さや大きさ、転移などの段階により、0期、
ⅠA期、ⅠB期、ⅡA期、ⅡB期、ⅢA期、ⅢB期、ⅣA期、ⅣB期に分けられます。

子宮頸ガンの進み具合(病気、進行度)別、治療法の適応

子宮頸ガン ステージ
 

8. 子宮頸ガンの治療法

早期ガンの治療
ガン細胞を凍らせて死滅させる「凍結(とうけつ)療法」や、高周波の電磁波でガン細胞を死滅させる「高周波治療」、レーザーを照射してガン細胞を焼き、死滅させる「レーザー治療」が行われます。
手術治療
手術治療はもっとも一般的な治療法です。
ガンのある子宮頸部の組織を円錐(えんすい)状に切除する「円錐切除術」は、検査として行われる場合もあります。ガンのある子宮を全て取ってしまう「子宮全摘出術」は、ガンのできた場所などにより、卵巣や卵管も一緒に切除します。「広汎子宮全摘出術」は、ガンのある子宮と膣の一部、転移しているリンパ節、骨盤の近くまで広範囲で切除を行います。
放射線療法
放射線治療は進行したガンに行うことが多く、体外から照射する「外照射」と膣腔内に自然に放射線を出す物質を直接挿入し、照射する「腔内(くうない)照射」があります。放射線を単独で行う治療と、手術と併用して行う治療があります。人によっては照射した部位に起こる皮膚炎や粘膜炎、そのほかだるさ、吐き気、嘔吐、などの副作用があらわれることがあります。
化学療法
抗ガン剤には、ガン細胞を殺したり増殖を抑えたりする作用があります。抗ガン剤を使用する場合、人によっては吐き気や脱毛など多くの副作用が伴います。また、さまざまな抗ガン剤が開発されており、効き目の高い抗ガン剤も出てきています。外来で抗ガン剤治療を受ける日帰り治療や、飲むタイプの抗ガン剤を使う在宅療法が広がるなど、抗ガン剤の治療内容に変化が見られるようになっています。
緩和医療(かんわいりょう)
患者さんの苦痛を和らげることを目的とした、患者さんとその家族に対して行う医療ケアです。ガンの病状や時期に関係なく、体や心のつらさを和らげ、「その人らしさ」を大切にすることを目的に行います。
また、ホスピス(緩和ケア病棟)という、ガンの進行に伴う体や精神的な症状があり、ガンの治療が難しくなったりガンの治療を希望しない方を主な対象とした施設などもあります。(施設により、受け入れの基準が異なるため、直接施設にお尋ね下さい。)

9. 子宮頸ガン 治療後の経過

転移について
転移とは、子宮頸部のガン細胞が血液やリンパの流れに乗って、他の臓器で増殖することです。子宮頸ガンは、進行すると子宮頸部以外の場所へ転移しやすくなります。治療する前に既に転移していることも少なくありません。子宮頸部以外のリンパ節や肺、肝臓、ほかの臓器に転移がみつかった場合、「遠隔転移」といい、ガン細胞が全身に広がっている状態と考えます。
再発・再発予防
再発とは、手術や抗ガン剤の治療により、一旦は治ったように見えていたガンが、再び出現することを言います。
たばこが影響させるガンは肺ガンや咽頭ガン、喉頭ガンを思い浮かべますが、肺から吸収された発ガン物質は、血中に入って全身を巡り、悪影響を与えています。また、たばこを吸っている人のそばで吸ってしまう「副流煙」も、吸ってる本人よりも多く¥有害物質が含まれています。たばこを吸う人のそばで長居は禁物です。そのほか、子宮が弱っているとガンになりやすいのではないかとも考えられています。子宮が弱ると、ウィルスなどの感染に耐えられなくなるのではないかということです。子宮が弱る原因の一つには、子宮に大変な負担がかかる中絶などが考えられます。
再発予防の治療
再発を予防するための治療には、化学療法(抗ガン剤治療)、放射線療法などがあります。根治手術後も、目に見えないガンが存在するとして、行われます。子宮頸ガンに対しては、抗ガン剤治療と放射線療法を併用することにより、有効性が高いと言われています。
予後
どんなガンでも同じことが言えますが、早期のガンでは、治癒する可能性も高く、進行するほど予後が悪くなってしまいますので、できるだけ早い発見と治療が重要になってきます。
日常生活
治療後は体力が低下しているので、しばらくは疲れたら横になり、足を高くして休むなど、無理をせずなるべく体に負担をかけないようにしましょう。また、体力の回復に合わせて、散歩などから徐々に運動量を増やしていくことをお勧めします。食事についての制限は特にありませんが、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。