乳ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

乳ガン 治療法

乳ガンの治療では、ステージやガンの切除範囲、場所などのもよりますが、乳房を残す「乳房温存術」が標準的な治療法となっています。乳房を温存できても、乳房の形や、再発の危険性など、確認が必要です。
そのほか「放射線療法」、「化学療法」、「ホルモン療法」など副作用が伴う治療法もありますが、再発や転移の予防を兼ねた治療ですので、医師と相談のうえ、治療を受けて下さい。

手術治療

ガン細胞のある場所や深さ、大きさなどにより、切除範囲が異なります。
リンパ節への転移がある場合、ガン細胞の切除と一緒に切除します。

乳房のしこりを切除する手術

腫瘍(しゅよう)核出術

ガンの手術として一般的ではありませんが、乳房にできたしこりだけを切除する手術で、手術前の検査(吸引細胞診、針生検)で診断がつかない場合に行われます。

乳房部分切除術

「乳房温存手術」とよばれる、乳房のしこりを含めた一部分を切除する方法です。
ガン細胞の部位が広がりにより、乳頭を中心にした扇型に切除、またはガン細胞の周辺2cmほど大きく円形に切除します。しこりが大きい場合、乳腺内にガン細胞が広がっている場合、乳腺内に複数のしこりがある場合には、温存手術の適応になりません。手術の後に、残された乳房の中での再発を防止する目的で、放射線の照射による治療が行われます。

乳ガン 切除範囲
 

単純乳房切除術

ガンの発症した側の乳房を全部切除し、わきの下のリンパ節の切除は行わない手術です。

胸筋温存乳房切除術

乳房とわきの下のリンパ節を切除します。
場合により、胸の筋肉の一部を切り離すこともあります。もっとも一般的な乳ガンの手術の方法です。

非定型乳房切除術

乳ガン 切除範囲 側面図
 

胸筋合併乳房切除術(ハルステッド法)

ガンが胸の筋肉にまで広がっている場合、乳房とわきの下のリンパ節だけでなく、
乳腺の下にある大胸筋や小胸筋も切除します。
胸筋合併乳房切除術
 

わきの下のリンパ節に対する手術

腋窩リンパ節郭清(えきかりんぱせつかくせい)

腋窩リンパ節郭清「腋窩リンパ節郭清」とよばれる、ガン細胞の切除と同時にわきの下のリンパ節を含む脂肪細胞を切除する方法です。この方法では、乳ガンのリンパ節再発を予防するほか、再発を予測し乳ガン切除の後に薬物療法が必要かを検討することで、とても重要となります。この手術をした後は、手術をした側の腕にむくみ(リンパ浮腫)が出ることがあり、肩の痛みや運動障害を起こすことがあります。

 

センチネルリンパ節生検

センチネルリンパ節生検「センチネルリンパ節生検」とは、日本語で「見張り番リンパ節」と訳されます。乳ガンからこぼれ落ちたガン細胞が、最初に達する乳腺の領域リンパ節のことをいいます。
ガンの周辺に放射線同位元素や色素を注射することにより見つけます。多くの場合は、わきの下のリンパ節が「センチネルリンパ節」となりますが、ここに転移がないときは、わきの下のリンパ節に転移がない場合が多いです。

 

乳房再建術

乳ガン手術で失われた乳房を自分の背中や腹部の脂肪、筋肉を移植し、乳房を復元する手術です。しかし、復元するためにとった脂肪や筋肉の跡は、かなり大きな傷跡が残ってしまいます。また、シリコンなどの人工物を入れることも可能ですが、合併症が起こることもあり、医師との相談が必要です。

放射線療法

乳ガン切除の手術後は、見えないガン細胞が残ってるものと考え、再発防止を目的に放射線を照射する治療を行います。放射線はガン細胞に照射することにより、死滅させる効果があります。放射線は正常な臓器にも影響を与えてしまい、そのため副作用があらわれます。
そのほか、骨に転移した場合の骨の痛みなど、転移したガンの症状を緩和するためにも放射線療法が行われています。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質」を改善するための取り組みです。ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。
緩和ケアをガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。
最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。

手術による後遺症

乳ガンを切除することにより、多少なりとも障害(後遺症)が起こってしまいます。何らかの症状が必ず現れるものだと受け止め、1日も早く自分なりの対処法を見つけることが大切です。

腕が上がりにくいなど、肩関節の運動障害

切除手術の影響で、筋肉やわきの下の皮膚が縮み、動かすと肩関節が突っ張ったり痛んだりするため、意識的に腕を動かさなくなってしまいます。あまり動かさずにいると、筋力の低下してしまい、動かせる範囲が狭くなってしまいます。日常生活が不便にならないよう、手術後から毎日少しでも腕を動かすようにしましょう。手術した方の手で髪の毛をとかす、歯磨きをする、洋服を着る、高い場所の物を取るなど、できるとことから少しずつ始めましょう。

しびれなど

手術により細い神経が傷つき、胸の皮膚、腕の内側にしびれを感じることがありますが、時間が経つと軽減していきます。

腕のむくみ

手術でわきの下のリンパ節を切除すると、腕から流れてくるリンパ液が経路をなくして皮膚の下にたまり「リンパ浮腫(ふしゅ)」というむくみが起こります。腕を上げたり、マッサージをすることで軽減しますが、どうしてもリンパの流れは滞ってしまうので、腕がむくむ状態が長期にわたり残ることがあります。

胸の外観の変化

乳房を切除することで、左右のバランス感覚に変化が起こり、不安定な感じになることがありますが、姿勢を保つためにはバストラインを整えるための補正用パッドや下着の着用、乳房再建手術という方法もあります。