胆管ガン 治療(内視鏡、手術、放射線、その他、後遺症)

胆管ガン 治療法

胆管ガンの治療方法は、「手術治療」、「放射線療法」、「化学療法」(抗ガン剤治療)などがあります。手術治療が基本となり、ガンの進み具合と体の状態などによって選択されます。胆管ガンの場合、ガンが少しでも周囲に広がれば手術治療を根治目的で行うため、周辺のリンパ節や臓器も一緒に切除することがあります。

手術治療

胆管ガンでは、ガンの広がりに応じて安全に根治的な手術ができるように、手術の方法が選択されます。手術の規模が大きいこと、肝臓や膵臓などの重要な臓器に直接手を入れることで、合併症などの危険度が上がります。

肝門部胆管と上部胆管に発症するガンの手術治療

胆管ガン肝門部、上部にできたガンの切除は、ガンがとどまっている場合を除き、肝臓の左右どちらか半分、あるいは真中を胆管と一緒に切除することになります。

 

下部胆管に発症するガンの手術治療

胆管ガン 下部膵臓に近接しているので、膵臓の一部と胆管を一緒に切除します。

 

中部胆管に発症するガンの手術治療

中部胆管にとどまっている場合はあまりなく、肝臓側か膵臓側のどちらか、あるいは両方に広がっていることが多く、通常は膵臓を胆管と一緒に切除します。

胆管に広範囲に広がったガンの手術治療

ガンが肝門部胆管から下部胆管まで浸潤していると、肝臓と膵臓を同時に切除することになります。このような手術はもっとも大きく、手間もかかるため、危険度が大きくなります。

手術治療による後遺症

肝切除の場合、肝蔵は再生する臓器なので、後遺症はあまりありませんが、肝臓をとることにより肝不全を起こすことがまれにあります。膵頭十二指腸の切除では、膵液漏れが起こることがあり、血管を溶かす膵液が漏れると出血を引き起こします。また、体重減少や低栄養、糖尿病なども起こることがあります。

放射線療法

胆管ガンでは、手術療法で切除できない場合や、手術で切除した後の治療として放射線療法は有効だと言われています。
放射線を体の外から少ない線量を分け、繰り返し照射する方法を「体外照射法」、手術の際にガンの部分を表に出し、直接大線量を1度照射する「術中照射法」、胆管の中においてある細いチューブを通してラジウムやイリジウムの針をガンの発症しているところまで送り込み、ガンとその周辺だけを効率よく照射する「腔内照射法」の3通りがあります。(「術中照射法」と「腔内照射法」の治療ができる施設は限られています。直接施設へお尋ね下さい。)

放射線療法での副作用

体外照射での副作用として、全身倦怠感、食欲不振など、起こることがあります。同じ場所に光線量の放射線が当たった場合、ある程度の時間が経過すると、消化管では潰瘍形成・出血、胆管では、閉塞(へいそく)、血管では出血や閉塞が起こることがあります。

緩和医療、緩和ケア

緩和ケアは、ガンに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方で、問題に直面している患者さんおよびその家族の「QOL(人生の質、生活の質」を改善するための取り組みです。ガンの医療を単に病気に対する治療としてではなく、ガンによって生じる体の痛みやその他の身体問題、不安や恐れなどの心理的問題、仕事や経済面などの社会的問題やスピリチュアルな問題に対処していくことは大切なことです。緩和ケアをガンの進行した患者さんに対するケアと誤解しがちですが、本来患者さんの体や心のつらさを和らげることを目的としているため、どのような病状であっても、どのような時期でも受けることができるのです。緩和ケアの考え方をガン治療の早い時期から導入することで、治療の副作用やガンによる痛みなどのつらい症状を緩和しながら治療を行うことができます。
最近では、緩和ケアの広がりによって、ホスピスや緩和ケア病棟だけではなく、一般病院や在宅でも訪問医療などの形で受けられるようになってきました。