胆管ガン

1. 胆管ガンの診療の流れ

1

ガンの疑い
「いつもと体調が違う」と感じたら、なるべく早く受診しましょう。
次のステップへ
2

受診
現在の症状や気になっていることなどを担当医に話して下さい。担当医との会話は、メモしておくと便利です。次の診察や検査の予定が決まります。
次のステップへ
3

検査や診断
超音波検査、CT検査、MRI検査、血管造影検査、胆道造影検査、内視鏡的逆行膵胆管造影などの検査が行われ、検査の結果や診断の説明があります。
次のステップへ
4

治療法の選択
ガンや体の状態に合わせ、治療方針の説明があります。
次のステップへ
5

治療
手術治療、放射線療法、化学療法(抗ガン剤)などの治療法が決まり、治療が始まります。困ったことや辛いことは、遠慮せずに医師や看護婦に話して下さい。
次のステップへ
6

経過観察
治療後、体調の変化やガンの再発・転移がないかなどを確認します。
しばらく通院し、検査などを行うことがあります。

2. 胆管(たんかん)とは

胆管とは、肝臓内で造られた「胆汁」を十二指腸まで運ぶ「管」のことを指します。胆汁は、食後に「胆嚢」が縮むことにより胆管を通って十二指腸に流れ、消化を助ける働きを持っています。胆汁の流れが止められてしまうと、体が黄色くなる「黄疸」になります。

胆管は、肝臓の中を通る「ア.肝内胆管」と、肝臓の外に出てから小腸までの「イ.肝外胆管」に分けられます。8cmほどの細い「管」で、「a.肝門部」「b.上部胆管」「c.中部胆管」「d.下部胆管」に区分されます。
胆管の壁は薄く、内側から「①粘膜」、「②線維筋層」、「③外膜下層」、「④外膜」で、できています。

胆管
 

3. 胆管ガンの発症

胆管ガンには、胆石(たんせき)の合併率が高いことから、胆石による影響が発症に関わっていることがわかっていますが、胆石そのものよりも「胆石症」による胆汁の変化や胆嚢の炎症が、胆管ガンに関与していると考えられます。
膵管(すいかん:膵臓と総胆管をつなぎ、消化を助ける膵液を分泌する管)と胆管(たんかん:肝臓から十二指腸まで胆汁を運ぶ管の総称)の接続部分に異常があると、膵液が胆管に入り胆管の粘膜を傷つけるために、炎症を起こしやすくなります。

4. 胆管ガンの検査と受診

胆管ガンが疑われると、「超音波検査」、「CT検査」、「MRI検査」、「血管造影検査」、「胆道造影検査」、「内視鏡的逆行膵胆管造影(ERCP)」などの検査を行います。

超音波検査
超音波を腹部に当て、返ってくる反響を映像化して診断する検査です。
妊娠中のお腹に当てる検査としても知られています。胆嚢炎(たんのうえん)や胆石、胆嚢壁の病変なども診断できます。
CT検査
X線を使った体の輪切り映像で、腹部や胸部の異常を調べる検査です。治療前検査では、造影剤を注射して検査を行いますので、ヨードアレルギーがある場合は注意が必要です。ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
MRI検査
強い磁石と電波を使った輪切りの映像で、体内の様子を調べる検査です。
CT検査と同じような、ドーナツ状のスキャナーを通過して撮影します。
血管造影検査
足の付け根や手首の動脈から撮影したい血管までカテーテル(細い管)を挿入し、造形剤を注入して血管の様子や腫瘍の影を撮影して検査します。
ガン細胞が動脈や門脈に及んでないかを調べるために重要な検査となります。
胆道造影検査
造影剤を使い、胆嚢や胆管をX線で検査します。
造影剤を直接飲んだり、静脈から注射したあとにX線撮影する「間接法」と、胆嚢や胆管に直接造影剤を注入し、X線撮影して観察する「直接法」があります。
内視鏡的逆行膵胆管造影(ERCP)
特殊な内視鏡を口から十二指腸まで入れ、総胆管や肝内胆管、胆嚢管、胆嚢などの胆道系と、膵管を造形する検査です。

5. 胆管ガンとは

胆管ガンは、肝外胆管のもっとも内側の粘膜層から発生する「悪性腫瘍」です。進行するにつれ、胆管の管を深く「浸潤(しんじゅん)」していきます。進行し浸潤すると、ガンは「転移」しやすくなり、リンパ管や血管に入り込み、流れに乗ってリンパ節や肝臓などほかの臓器へ転移していきます。腫瘍が胆道を閉塞、狭窄(きょうさく)して胆汁が出なくなると、黄疸が出現し、ガンが胆管の壁を破ると、腹膜播腫(ふくまくはしゅ)などを起こすことがります。

6. 胆管ガンの症状

胆管ガンの症状には、

  • 黄疸(おうだん:肌の色が黄色~オレンジ色になること)
  • 発熱
  • 白っぽい便
  • 黄疸尿(濃い黄色に染まった尿)
  • 体のかゆみ

などがあります。

胆管にガンが発生すると、管が細くなり、だんだん閉鎖していき、胆汁の流れが悪くなります。閉鎖した部分より肝臓側が広がり、胆汁が胆管から逆流して血管内に浸透します。すると、胆汁中に含まれる黄色い色素の「ビリルビン」が皮膚や目の白い部分を黄色くします。これを「閉塞性黄疸(へいそくせいおうだん)」といいます。胆管が閉鎖され、胆汁が腸内に流れ込まなくなると、白っぽいクリーム色の「白色便」に、血液中のビリルビンの濃度が高くなると尿に含まれ、尿の色が濃い茶色にになり「黄疸尿」が起こります。胆汁にはビリルビンのほかに、「胆汁酸」が含まれており、血管に入り込むと皮膚のかゆみがあらわれます。また、閉塞性黄疸では、胆汁に細菌が感染することがあり、そのため、発熱を起こすことがあります。閉塞が続くと細菌が血液中に入り込み、敗血症(はいけつしょう)を起こすこともあります。

7. 胆管ガンの治療法

手術治療
胆管ガンの手術治療は、上部、中部、下部、乳頭部、肝門部などのガンがある場所や状態、進行度により、肝臓、膵臓、十二指腸などの一部を一緒に切除する手術が行われ、リンパ節に転移がある場合も一緒に切除します。胆管ガンでは、定型の術式といったものはなく、ガンの状態に応じた根治的な手術が行われます。
化学療法
抗ガン剤には、ガン細胞を殺したり増殖を抑えたりする作用があります。手術と組み合わせて使われる方法(補助化学療法)と、手術が難しい場合に使われる方法があります。抗ガン剤を使用する場合、人によっては吐き気や脱毛など多くの副作用が伴います。また、さまざまな抗ガン剤が開発されており、効き目の高い抗ガン剤も出てきています。外来で抗ガン剤治療を受ける日帰り治療や、飲むタイプの抗ガン剤を使う在宅療法が広がるなど、抗ガン剤の治療内容に変化が見られるようになっています。
放射線療法
放射線をガンに向けて照射します。胆管ガンの場合、体の外から少ない線量を繰り返し照射する「外部照射法」、手術の際に直接大線量を一度に照射する「術中照射法」、胆管の中に細いチューブを通し、ラジウムやイリジウムの針(小線源)をガンの近くまで送り込み、照射する「腔内(くうない)照射法」があります。(「術中照射法」と「腔内照射法」の治療ができる施設は限られています。直接施設へお尋ね下さい。)

そのほか、胆管閉塞(たんかんへいそく:胆管がつまり、ふさがってしまう)が改善されるため、黄疸の緩和に効果があると言われています。

「外部照射法」による副作用として、全身倦怠(ぜんしんけんたい)や吐き気、嘔吐、食欲低下などの症状が人によって出ることがあります。

緩和医療(かんわいりょう)
患者さんの苦痛を和らげることを目的とした、患者さんとその家族に対して行う医療ケアです。ガンの病状や時期に関係なく、体や心のつらさを和らげ、「その人らしさ」を大切にすることを目的に行います。
また、ホスピス(緩和ケア病棟)という、ガンの進行に伴う体や精神的な症状があり、ガンの治療が難しくなったりガンの治療を希望しない方を主な対象とした施設などもあります。(施設により、受け入れの基準が異なるため、直接施設にお尋ね下さい。)

8. 胆管ガン 治療後の経過

転移について
転移とは、胆管のガン細胞が血液やリンパの流れに乗ってほかの臓器で増殖することです。ほかの臓器へ転移したガンは、体に大きな負担をかけてしまうため、ほとんどの場合で手術治療は行いません。遠隔転移をした場合、化学療法が行われます。
再発・再発予防
再発とは、一旦は治ったように見えたガンが、再び出現することを言います。
胆管ガンは、胆石・胆石症と関連があると言われているので、胆石を予防することが胆管ガンの予防になると考えられます。胆石は、特に女性に多く、高脂血症や糖尿病の人にも多くみられます。脂肪摂取量の増加や食物繊維の不足などが原因といわれていますので、これを予防するために、バランスの取れた食事や適度な運動を行い肥満を防ぐことが大切です。
再発予防の治療
再発や転移に行われる治療は、ガンのある部位、症状、初回の治療法などの反応を考慮し、選択されます。手術の後に行われる化学療法や放射線療法がほとんどになります。根治手術後も、目に見えないガンが存在するとして行われます。
予後
胆管ガンは、早期で手術治療での切除が可能な場合、予後は良好ですが、再発・転移が多いために進行してしまうと予後が不良になってしまいます。どんなガンでも同じことが言えますが、できるだけ早い発見と治療が重要になっています。
日常生活
胆管ガンの手術の後は胆管炎に注意が必要です。腸と胆管の間には弁があり、腸液が胆管に流れ込まないようになっていますが、腸と胆管を吻合(ふんごう:つなぎ合わせる)すると、腸液が逆流して細菌に感染し、胆管炎を起こすことがあります。便秘や暴飲暴食も胆管炎を誘発しますので、注意が必要です。治療後の日常生活は手術前と変わらない生活ができますので、食べ物など規制はせず、バランスの良い食事を楽しんで下さい。