泌尿器

腎臓ガン

腎臓ガンはガンの大きさが大きくなれば血尿、腹部の腫瘤、疼痛、発熱、体重減少、貧血などを起こすことがありますが、小さいうちに症状が現れることはまれなことです。発熱や体重減少などの症状があらわれた場合、進行が早いと考えられます。症状が出にくいため、転移した部位の診断で腎臓ガンが発見されることがあります。

腎血管節脂肪腫

血管・平滑筋・脂肪成分からなる良性の腫瘍で、痛みもないので基本的には治療をする必要はありません。ですが、腎臓にできる腫瘍の中には脂肪成分を含む悪性腫瘍もあり、良性腫瘍と簡単には断言できないこともあり、経過観察が必要となります。また、腫瘍が大きくなり、破裂する可能性が出てきた場合、急激に大きくなった場合、異常を見せた場合には切除する必要があります。

腎膿疱

腎臓の中に膿疱ができます。1個から数個の膿疱ができる場合、自覚症状もなく気づかずに一生を過ごすひともいます。たくさんの膿疱ができる場合は、膿疱が大きくなると慢性腎不全の原因となる場合もあり、悪化すると人工透析の必要があります。

前立腺ガン

膀胱炎

前立腺肥大症