婦人科

子宮ガン

子宮頸ガン、子宮体ガン共に月経ではない時の出血、おりものなどの症状があらわれます。子宮頸ガンの場合、月経の量が増えたり長引いたり、子宮体ガンの場合、閉経後の出血などもみられます。
また、乳ガンや大腸ガンの方には子宮体ガンの発生率が少し高いことが知られています。

子宮筋腫

子宮の筋層にできる良性腫瘍です。卵巣の働きが関わりをもち、筋腫核が卵巣から分泌される女性ホルモンの作用により増殖し、筋腫になると考えられています。筋腫が小さい内には症状はなく、進行すると月経の量が増えたり、不正出血、貧血、動悸、息切れなどがあらわれ、月経痛や下腹部の痛み、頻尿や便秘などの症状が起こることがあります。

子宮頸管ポリープ

粘膜の上皮細胞が増殖し形成された良性の腫瘍です。細菌が感染して炎症を起こすことが原因と考えられます。痛みはありませんが出血しやすくなり、おりものに血が混じったりすることがあります。

子宮内膜ポリープ

内膜がきのこ状に発育したもので、大きく長くなると子宮口の外まで出てくることがあります。炎症や分娩、流産からできる場合もありますが、エストロゲン(卵胞ホルモン)の影響でできる場合がほとんどだと言われています。