消化管

胃ガン

胃ガンは進行しても全く症状がない場合も多くみられますが、胃の痛みや出血、不快感などで検査を受けるきっかけとなるようです。このような症状は胃潰瘍などにも良く似ています。

慢性胃炎

胃の粘膜が傷つき、炎症を起こしている状態です。吐き気、嘔吐、腹部膨満感、みぞおちの痛み、胸焼けなどの症状が連続的に繰り返されます。強いストレスや大量のアルコール摂取、暴飲暴食などで胃酸の分泌が多くなり、炎症、びらんが起こることが原因です。そのほか、ピロリ菌の感染と関わりがあることがわかってきました。

胃潰瘍

胃の粘膜の下の筋層まで傷つく状態です。急性胃潰瘍と慢性胃潰瘍があり、急性胃潰瘍は浅いふぞろいな潰瘍やびらんが多発し、慢性胃潰瘍は円形で単体で発生します。食後にみぞおち部分の痛み、背中の痛みなどの症状がみられます。黒っぽい血を吐いたり、コールタールのような便が出れば、胃や腸から出血している可能性があります。多忙、緊張、ストレス、喫煙、大量のアルコール摂取などが原因と考えられ、ピロリ菌の感染も関わっているようです。

胃腺腫・ポリープ

一般的には「胃腺腫」とよばれる、粘膜を覆う上皮細胞に細胞の異常増殖でできた突起物です。ほとんどが「過形成性ポリープ」で、悪性化してガンになることは非常にまれです。
過形成性ポリープ以外は腺腫とよばれ、こちらは悪性化する可能性があり、内視鏡で切除し病理検査を行います。自覚症状はほとんどありませんが、慢性胃炎を伴うと吐き気や食欲不振などが起こることがあります。

食道ガン

食道ガンの症状は、食べ物を飲み込んだときの胸の奥のチクチクした感じや食べ物がつかえる感じ、食事量が減ることでの体重減少などです。食道ガンが進行すると、食道周囲に多く存在するリンパ管や血管に流れ込み、リンパ節や腹部や首のリンパ節に転移することがあります。また、気管や気管支、肺へ及ぶと、むせるような咳や血痰が出るようになります。

埴土裂孔(れっこう)ヘルニア

食道が通っている横隔膜の孔(あな)が大きく、胃の一部が横隔膜の上部に出て膨らんでる状態。加齢により弱くなった食道裂孔に、腹圧がかかって起こります。放っておくと、「逆流性食道炎」を引き起こすことがあります。

咽喉頭異常感症ヒステリーボール

のどに何か詰まっている感じの症状です。のどの奥が腫れている感じや、塊がある感じがします。ストレスや不安、緊張などの精神的要因による食道の異常収縮が原因と考えられます。

食道憩室

食道壁の一部がポケット状に出ている状態。症状はありませんが、憩室が大きくなると、食べた物がつかえるような感じがします。症状が重い場合は憩室を切除することがあります。

食道良性腫瘍

平滑筋腫(へいかつきんしゅ)、ポリープ、血管腫、乳頭腫、脂肪腫、嚢腫(のうしゅ)、顆粒細胞腫、リンパ管腫、線維腫などがあり、悪性腫瘍とは異なります。症状はありませんが、4cmから5cmくらいの大きさになると吐き気、嘔吐、圧迫感、胸焼けなどが起こり、切除することもあります。

食道腫瘍

胃の消化液が逆流し、起こる消化性食道の潰瘍です。食べ物を飲み込んだときにできた傷、ウィルス、細菌などの感染が原因と考えられます。

大腸ガン

大腸ガンは特徴的な症状がありません。症状がある場合、S状結腸や直腸ガンでは、血便、便が細くなる、残便感、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどが起きやすく、出血が起こる症状は痔と勘違いしやすいものです。盲腸や上行結腸のガンでは貧血症状があらわれることがあります。

大腸ポリープ

大腸の粘膜の一部がイボ状に盛り上がったもので、「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」に大きく分けられます。「腫瘍性ポリープ」のほとんどは良性ですが、大きさが増すにつれ小さなガンを伴っている
ことが多くあります。「腺腫内ガン」とよばれ、放っておくとガンになる可能性があるため、内視鏡で切除する治療が行われます。「非腫瘍性ポリープ」は小児に多い「若年性ポリープ」、高齢者に多い「過形成性ポリープ」で、いずれもガンとは無関係の良性ポリープです。小さなポリープでは、症状がないことがほとんどですが、ポリープが大きくなると、できる場所により血便や、便に血が付くなどの症状が起こります。

腸炎

腸の粘膜が炎症を起こします。一般には「腸カタル」とよばれ、「急性腸炎」と「慢性腸炎」に分けられます。「急性腸炎」は細菌感染により起こり、3日から10日くらいで治まります。急性腸炎が胃炎を伴い、激しい嘔吐で脱水症状になると小児や高齢者では危険な状態に陥る場合があります。「慢性腸炎」は急性腸炎が繰り返し起こったり、腸が刺激されたりすると起こり、症状は強くないけれども数ヶ月から数年続くものをいいます。慢性腸炎では、胃、肝臓、膵臓、胆嚢、心臓などの病気から起こる可能性がありますが、腸炎からほかの臓器に影響を及ぼすことはありません。腸炎は、食べ物が原因となることが多く、冬よりも食品が傷みやすい夏の方がかかりやすいようです。

潰瘍性大腸炎

大腸の粘膜に慢性的な炎症が発症し、潰瘍やびらんが広がる大腸炎と考えられ、原因はわかっていません。血便の症状が見られ、軽くなったり重くなったりを繰り返すます。そのほか腹痛や下痢などが起こります。症状が重くなると、発熱、体重減少、貧血などが起こります。

クローン病

小腸や大腸を中心に炎症を起こし、潰瘍などができる慢性の疾患です。腹痛、出血を伴う下痢、食欲不振、体重減少、発熱、倦怠感などの症状が起こります。原因がわかっていないため、完治は難しく、長い経過ので少しずつ進行していきます。進行すると、口から肛門までの全てに炎症が起き、症状が重くなっていきます。腹痛は食事のたびに起こり、腸閉塞の可能性がある場合は吐き気を伴います。腸閉塞が疑われる場合は、受診が必要になります。

甲状腺の病気

甲状腺とは、「のどぼとけ」の両側にあり、ちょうが羽を広げたような形をしています。通常は小さくて柔らかいので外から見てもわかりませんが、はれてくると外から見てもわかるようになります。全身の細胞の新陳代謝を促進し、甲状腺ホルモンを出す臓器です。この甲状腺ホルモンは不足すると動脈硬化などの老化が早まり、多すぎると全身に異常が起こります。甲状腺の病気には「甲状腺機能亢進(こうしん)症(バセドウ病など)」、「甲状腺機能低下症(橋本病など)」、「甲状腺ガン」、「単純性甲状腺腫」などがあり、甲状腺がはれたり、しこりができたりすることがあります。

肛門周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ることなどで発症する疾患です。排便時などに出血することがあり、直腸ガンなどと似た症状があります。