8.神経芽腫の遺伝子検査

(しんけいがしゅのいでんしけんさ)

概要

神経芽腫(しんけいがしゅ)の悪性度は、患者さんによってまちまちで、病気の広がりや顕微鏡による観察だけでは、十分にはわかりません。近年ではガン細胞の遺伝子発現を解析することによって、その悪性度をかなり正確に知ることができます。
極めて予後不良な一群の腫瘍に、分化を抑制し細胞増殖に機能するN-myc(エヌ・ミック)がん遺伝子の増殖が認められることが明らかにされてきたため、その他の分化に関連する遺伝子とともに検査を行い、神経芽腫の悪性度予測をし、それに基づいた治療に結びつけます。

治療の効果が期待できるガン、または検査の対象となるガン

神経芽腫

治療または検査の方法

血液検査

神経芽腫の遺伝子検査を行っている医療機関

関東

名称 千葉大学医学部附属病院
URL http://www.ho.chiba-u.ac.jp/
住所 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
電話 043-222-7171(代表)
費用 67,300円(1回)