先進医療

更新情報

先進医療とは

日本では、国民健康保険や社会保険といった公的医療保険を利用する事で、個人が負担する医療費を軽減出来る制度が整えられています。この公的医療保険の適応が認められている診療を、通常、『保険診療』と呼びます。
『保険診療』の適応ではない治療の中でも特に厚生労働大臣に認められ、今後『保険診療』への導入が検討されている医療技術が『先進医療』なのです。
この『先進医療』は、大学病院などで研究・開発された最新の医療技術の中で、安全性や治療効果が確認されたもので、医療技術ごとに一定の施設基準を設定し、その施設基準を満たした、限られた医療機関で実施されています。

『先進医療』には、『第2項先進医療』『第3項先進医療』があります。
『第2項先進医療』は、先進医療技術とともに用いる医薬品や医療機器などについて、薬事法の承認・認証・適用のあるものです。
『第3項先進医療』は、薬事法の承認などが得られていない医薬品や医療機器を用いても、一定の条件を満たせば『保険診療』との併用が可能なものです。
平成23年8月1日現在125種類(第2項先進医療92種類、第3項先進医療33種類)の医療技術が承認されています。

費用について

『保険診療』を受ける場合の診療費用は、一部自己負担金の他は保険者が負担します。公的医療保険が適応されない診療を『自由診療』と言いますが、この場合、診療費用は、全額自己負担となります。日本では、『保険診療』と『自由診療』を併用した『混合診療』は原則として認められていません。
しかし、この『混合診療』を可能としたものが『先進医療制度』です。
『先進医療』を受ける場合、『先進医療』に係る費用は、全額が自己負担になりますが、通常の治療と共通する部分(診察、検査、投薬、入院など)は『保険診療』となります。
また、同じ医療技術であっても、実施する医療機関によって費用は異なります。

先進医療を受ける場合

『先進医療』は、一般的な保険診療を受けるなかで患者さんが希望し、医師がその必要性を認めた場合に行われます。
『先進医療』を受ける場合は、治療内容や費用などについて医療機関より説明を受け、内容について十分に納得したうえで行われる必要があります。

ガンにかかわる先進医療技術の中で「概要」、「治療の効果が期待できるガン、または検査の対象となるガン」、「治療または検査ができる条件」、「治療または検査の方法」、「治療による副作用・合併症」、「医療機関」や「費用」等について記載しております。「治療の効果が期待できるガン、または検査の対象となるガン」、「治療または検査ができる条件」については、実施する医療機関ごとに更に細かく基準が定められていたり、患者さん本人の病状などにもより対象とならない場合もございます。治療をご希望される場合は、担当医師ともご相談の上、医療機関へお問い合わせ下さい。

ガンにかかわる先進医療

H23年10月1日現在、先進医療技術128種類のうちガンにかかわるものは45種類あります。そのうち、第2項先進医療技術は94種類で、ガンにかかわるものは27種類、第3項先進医療技術は34種類で、ガンにかかわるものは18種類あります。

ガンにかかわる第2項先進医療技術

ガンにかかわる第3項先進医療技術

  • (1)化学療法に伴うカフェイン併用療法
  • (2)経皮的肺がんラジオ波焼灼療法
  • (3)経皮的乳がんラジオ波焼灼療法
  • (4)経皮的腎がんラジオ波焼灼療法
  • (5)内視鏡下甲状腺切除術
  • (6)CT透視ガイド下経皮的骨腫瘍ラジオ波焼灼療法
  • (7)腹腔鏡下センチネルリンパ節生検
  • (8)ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術
  • (9)根治的前立腺全摘除術における内視鏡下手術用ロボット支援
  • (10)パクリタキセル腹腔内投与及び静脈内投与並びにS-1内服併用療法
  • (11)パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法
  • (12)パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法
  • (13)蛍光膀胱鏡を用いた5-アミノレブリン酸溶解液の経口投与又は経尿道投与による膀胱がんの光力学的診断
  • (14)十二種類の腫瘍抗原ペプチドによるテーラーメイドのがんワクチン療法
  • (15)パクリタキセル腹腔内反復投与療法
  • (16)転移性又は再発の腎細胞がんに対するピロリン酸モノエステル誘導γδ型T細胞及び含窒素ビスホスホン酸を用いた免疫療法
  • (17)術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法
  • (18)血液透析併用バルーン塞栓動脈内抗ガン剤投与及び放射線治療の併用療法