マイトマイシンC

マイトマイシンC

製品名 タキソテール点滴静注用 20mg、80mg
一般名 ドセタキセル
製薬会社 サノフィ・アベンティス株式会社
剤形 バイアル 20mg、80mg
分類 植物アルカロイドに属する抗ガン剤です。
作用 がん細胞の成長を阻害し、
がん細胞死を引き起こします。
一般的な副作用
白血球、血小板数の減少・脱毛・下痢・食欲不振・吐き気・嘔吐・発疹・手足の麻痺や 刺痛など

タキソテールに特徴的な副作用はむくみ(浮腫)です。
浮腫はタキソテールの投与量が蓄積されるにつれて発生頻度が高まることがわかっています。そのほか、白血球(顆粒球)の減少によって細菌感染などが起こりやすくなることも重要な副作用の一つです。投与して1から2週で現われ2週以後に回復するという経過をたどりますが、治療後にノドが痛くなって発熱が現われた場合には、すぐに医師に連絡することが重要です。
しかし、タキソテールによる白血球減少は一過性であり、減少後すみやかに回復するため外来での治療が可能となります。このお薬は動物の実験で奇形を引き起こすことが報告されておりますので、男性の方も女性の方も何らかの方法で避妊なさることをお勧めします。このお薬を使った治療を行っている間に妊娠した際は、すぐに医師に相談して下さい。
なお、乳児への影響を避けるため、授乳を控えて下さい。