ゲムシタビン

ゲムシタビン

製品名 ジェムザール注射用 200mg、1g
一般名 ゲムシタビン
製薬会社 日本リリー株式会社
剤形 バイアル 200mg、1mg
分類 抗悪性抗生物質に属する抗ガン剤です。
作用  核酸の合成を妨げることによって、DNAとRNAの生成を阻止し、ガン細胞の成長を止め、死に至らせます。
一般的な副作用
白血球、血小板数の減少・吐き気・嘔吐・倦怠感・肝機能の変化など
併用に注意する薬
他の抗悪性腫瘍剤、アルキル化剤、代謝拮抗剤、抗生物質、抗生剤、アルカロイド剤

痛風、肝臓や腎臓、心臓に障害のある人は、症状が悪化することがあります。
また、胸部、腹部の放射線照射と併用すると、食道炎や肺炎などを生じる場合があります。

このお薬は動物の試験で奇形を引き起こすことが報告されておりますので、
男性の方も女性の方も何らかの方法で避妊なさることをお勧めします。
このお薬を使った治療を行っている間に妊娠した際は、すぐに医師に相談して下さい。
なお、乳児への影響を避けるため、授乳を控えて下さい。