ドキソルビシン

ドキソルビシン

製品名 アドリアシン注用10、50
一般名 ドキソルビシン
製薬会社 共和発酵キリン
剤形 バイアル
分類 抗がん性抗生物質に属する抗ガン剤です。
作用 ガン細胞の成長を止め、ガン細胞を殺します。
一般的な副作用
白血球の減少・血小板数の減少・食欲不振・脱毛・嘔吐など

赤色のお薬が尿に排泄されるため、注射後に尿が赤くなったり、下着やシーツに赤色が付着することもありますが、1日から2日で元に戻ります。尿をたくさん出すため、水分を多めに取るように勧めることがあります。このお薬は脳の中の吐き気を感じる部分を刺激する作用が強いため、吐き気や嘔吐、食欲不振などの症状があらわれやすいお薬です。注射をして数時間後に症状があらわれ始め、多くは24時間以内に軽快します。2週間から3週間過ぎたころより、髪の毛などが抜ける脱毛が起こりますが、お薬を使わなくなって数ヶ月もすれば自然に回復してきます。動物の実験で奇形を引き起こすことが報告されておりますので、男性の方も女性の方も何らかの方法で避妊なさることをお勧めします。このお薬で治療を行っている間に妊娠した際は、すぐに医師に相談して下さい。
なお、このお薬は母乳中にも含まれますので、母乳による授乳は避けるようにしましょう。