ドキシフルリジン

ドキシフルリジン

製品名 フルツロンカプセル 100、200
一般名 ドキシフルリジン
製薬会社 中外製薬株式会社
剤形 カプセル 100mg、200mg
分類 代謝拮抗薬に属する抗ガン剤です。
作用 細胞の遺伝情報を持つ“DNA”が作られるのを妨害して、がん細胞の分裂増殖をおさえます。
一般的な副作用
吐き気や嘔吐、下痢、口内炎など、いろいろな副作用がでやすいです。あわてないよう、事前に医師から十分説明を受けておきましょう。軽い副作用の場合、治療を優先しなければならないことも多いです。
一緒に使ってはいけない薬
テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤(ティーエスワン)
飲み合わせに注意する薬
ワルファリン(ワーファリン)、フェニトイン(アレビアチン、ヒダントール)など

抗がん薬に特有な「骨髄抑制」はわりと軽いほうですが、それでもそれにともなう血液障害に十分な注意が必要です。白血球が異常に減少すると、体の抵抗力がひどく落ちて感染症にかかりやすくなります。また、血小板減少により出血を生じることもあります。発熱やのどの痛み、あるいは歯茎出血・皮下出血など出血傾向がみられたら、ただちに医師に連絡してください。
そのほか、とくに注意が必要なのは、激しい下痢と脱水症状をともなう重い腸炎、肝障害、それと長期服用時の白質脳症です。脳症はまれな副作用ですが、初期症状として、歩行時のふらつき、手足のしびれ、舌のもつれ、物忘れなどが現れますので、そのような場合は医師に報告してください。このお薬は動物の実験で奇形を引き起こすことが報告されておりますので、男性の方も女性の方も何らかの方法で避妊なさることをお勧めします。このお薬を使った治療を行っている間に妊娠した際は、すぐに医師に相談して下さい。
なお、乳児への影響を避けるため、授乳を控えて下さい。