シスプラチン

製品名 ランダ注 10mg、25mg、50mg
一般名 シスプラチン製剤
製薬会社 日本化薬株式会社
剤形 バイアル 10mg/20ml、25mg/50ml、50mg/100ml
分類 白金化合物製剤に属する抗ガン剤です。
作用 がん細胞の成長を抑え、がん細胞を死滅させます。
一般的な副作用
腎臓障害・マグネシウム、カリウム、カルシウム血中濃度の低下・吐き気・嘔吐・味覚の変化・手足を針で刺すようなチクチク感など

街のドラッグストアや薬店で買える解熱・鎮痛薬や感冒薬(代表的な成分名:アスピリン、エテンザミド、イブプロフェン、インドメタシン)を一緒に使うと、腎臓に副作用があらわれることも考えられますので、街のドラッグストアや薬店で購入したお薬を使う際には、医師にあらかじめご相談下さい。

動物の実験で奇形を引き起こすことが報告されておりますので、男性の方も女性の方も何らかの方法で避妊なさることをお勧めします。このお薬で治療を行っている間に妊娠した際は、すぐに医師に相談して下さい。
なお、このお薬は母乳中にも含まれますので、母乳による授乳は避けるようにしましょう。