抗ガン剤

抗ガン剤治療とは

ガンに作用する薬を「抗ガン剤」といい、ガン細胞を殺したり抑えたりする作用があります。抗ガン剤は血流に乗り全身を巡り、手術では切除できないところや、放射線が当てられないところにも行き渡ります。ガン病巣(びょうそう)を壊して完治を目指すほか、ガンを小さくするために手術の前に抗ガン剤治療を行ったり、手術後の転移や再発を防いだりするなど補助的(ほじょてき)に抗ガン剤が用いられたり、放射線療法と併用で行われる場合があります。

一般的な治療法として、複数の抗ガン剤を組み合わせて使用する多剤併用療法(たざいへいようりょうほう)が主体となっているようです。点滴や注射で数日間にわたり注入する方法や経口投与(錠剤やカプセル)が使われることもあります。使用した抗ガン剤で効果があれば、さらに繰り返し、効果がなければほかの抗ガン剤に切り替えることになります。
抗ガン剤が効いてガンの縮小・消失、あるいは寛解(かんかい:一時的あるいは継続的に軽減した状態)がみられた場合でも、あとで腫瘍が再び大きくなったり、再発したりすることがあります。抗ガン剤が効いていても「効く=治る」と単純にいえないケースがあることを理解することが必要です。

また、抗ガン剤はガン細胞だけでなく、正常な細胞も影響を受けるため、人によって様々な副作用の症状が出ます。

抗ガン剤の投与方法

経口投与(錠剤やカプセル剤)
静脈内投与(静脈のなかに点滴、注射する)
患者さんによっては、腕からの静脈ではなく、中心静脈という体の太い静脈へ点滴するために、鎖骨下静脈からカテーテルを入れる場合があります。
カテーテルを外に出したままにする方法と、ポートといってカテーテルごと皮膚(ひふ)の下に埋め込んでしまう方法があります。ポートは、長期間点滴を行う場合や、腕からの血管が確保しにくい場合などに便利です。
動脈内投与(主に肝細胞ガンに対し、肝動脈造影(かんどうみゃくぞうえい)
後に間欠的に、あるいは動注リザーバーカテーテルを通して注入)
経直腸投与(坐薬)(5-FUのみ)
脊髄内投与(ガン性髄膜炎の治療として行われる)
局所投与(腹水などを伴う腹膜転移にたいして抗ガン剤を直接腹腔内に注入する腹腔内投与など)

抗ガン剤治療の副作用

抗ガン剤の作用の影響を受けやすいのは、血液細胞や口腔(こうくう)粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などです。白血球減少によリ感染しやすくなったり、貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害・爪の変化などの症状が副作用として現れます。また、心臓、腎臓、膀胱(ぼうこう)、肺や神経組織の細胞、生殖機能に影響がおよぶこともあります。あらかじめ予想される副作用を知り、対策をたてておくことで、心の準備ができ、過剰な不安を取り除けます。また、実際に副作用が起こったときにも、早く適切に対処できるので症状が重くなるのを防げます。

副作用の発現時期

投与日 アレルギー反応、吐き気・嘔吐(おうと)、血管痛、発熱、血圧低下
2日〜7日 疲れやすい、だるい、食欲不振、吐き気・嘔吐、下痢
7日〜14日 口内炎、下痢、食欲不振、胃もたれ、骨髄機能の抑制(貧血・白血球減血小板減少)
14日〜28日 脱毛、皮膚の角化やしみ、手足のしびれ、膀胱炎

副作用には自分でわかる副作用もありますが、自覚症状の無いものもあります。

抗ガン剤の種類

分子標的薬
ガン細胞に特有の分子、もしくはガン細胞に特別多い分子を標的にガン細胞を攻撃する。ガン細胞をねらって作用するため、正常細胞にダメージを与えにくく、副作用が少ない新種の抗ガン剤です。
代謝拮抗剤
ガン細胞が分裂・増殖する際に、核酸の材料となる物質と科学的構造が似ている物質でDNAの合成を妨げ、ガン細胞の代謝を阻害して、増殖を抑制する抗ガン剤です。細胞分裂の過程では、たんぱく質などの材料が必要になります。代謝拮抗剤は、主としてDNA合成に必要な酵素の働きを阻害することにより、DNA合成ができなくなるようにして、ガン細胞の増殖を抑えます。ほかの薬と組み合わせることで効果が増強されることがよく知られてます。
植物性アルカロイド
強い毒性のある、天然に存在している植物成分を応用した抗ガン剤です。細胞分裂を止めて、ガン細胞の増殖を抑えます。
アルキル化剤
アルキル化剤はアルキル基と呼ばれる原子のかたまりをガン細胞のDNAに付着させ、らせん状にねじれた二本のDNAを異常な形で結合させて、DNAのコピーができないようにします。アルキル化基が結合した状態でガン細胞が分裂・増殖を続けようとすると、DNAがちぎれてしまうため、ガン細胞は死滅してしまいます。アルキル化剤は体内で一定の濃度に達すると作用し、白血病や悪性リンパ腫などに特に効果が認められていますが、骨髄抑制(骨髄造血機能が低下し、白血球、赤血球、血小板数の減少が起きる事)などの副作用が強いことも知られています。
白金化合物製剤
アルキル化剤などと同様に、DNAの二重らせん構造に結合してDNAの複製を阻害するほか、ガン細胞を自滅(アポトーシス)へ導くはたらきもあります。白金製剤なので、いうなれば重金属を体内に入れるため、副作用には重篤なものがあります。
抗ガン剤性抗生物質
ある種のカビなど微生物からつくられる抗ガン作用を持った抗生物質。ガンの細胞膜やDNAの構造を破壊し、分裂を阻止します。抗腫瘍効果が高いと同時に、骨髄抑制などの副作用が強く現れやすいことも知られています。

主な副作用とその対策

(1)吐き気、嘔吐、食欲不振

脳のなかにある神経が刺激されることで起こります。また、放射線治療と併用して抗ガン剤治療を行うと、照射部位によっては、食道や胃に粘膜炎を起こすことで吐き気や嘔吐が
起こることがあります。
《対策》

  • 制吐剤(せいとざい:吐き気を抑える薬)の内服。坐薬を用いる事も可能ですので、内服が難しい時には医師に伝えましょう。
  • 抗ガン剤治療を受ける日は食事の量を控えめにしたり、   治療の数時間前は食べないようにするなど工夫をしてみましょう。
  • 無理せずに食べられるものを探し、食事はゆっくりと時間をかけたり、少量ずつ可能な範囲で食べると良いでしょう。
  • においが強い食べ物や魚、揚げ物などを避ける事で、吐き気が軽減できる事もあります。
  • 料理は冷まして食べる事でにおいが抑えられ、食べやすくなる事もあります。
  • 食べやすい食事の例:お粥、煮込みうどん、雑炊、豆腐、卵豆腐、茶碗蒸し、ゼリー、プリン、シャーベット、ビスケットなど
  • 体をしめつける衣服は避け、吐き気や嘔吐がある時は安静を心がけましょう。
  • においに敏感になっている場合は、においが強いもの(花や香水など)は避け、
    室内の換気を心がけましょう。

(2)下痢

腸管粘膜が薬により刺激を受けることや抗ガン剤投与により消化管の粘膜が傷害されることで下痢が起こります。
《対策》

  • 整腸剤や下痢止めを処方してもらい、ひどい時には輸液(水分や電解質の補給)を点滴することもあります。
  • 感染防止のため、トイレの後は陰部を清潔にしましょう。
  • 脂肪分の多い食べ物や乳製品は避け、香辛料などの刺激物は避けた方が良いでしょう。
  • 消化の良いもの(お粥や煮込みうどんなど)を何回かに分けて少しずつ摂りましょう。
  • 十分な水分補給をし、冷たすぎる飲み物や食べ物は避けましょう。
  • 電解質補給にもなるためスポーツドリンク類をとると良いでしょう。

(3)骨髄抑制

抗ガン剤の作用により骨髄造血機能(こつずいぞうけつきのう)が低下し、白血球、赤血球、血小板の減少がおきます。白血球が減少すると感染症にかかりやすくなり、赤血球が減少すると貧血になりやすくなり、血小板が減少すると出血しやすくなります。

骨髄抑制による感染症

白血球は病原菌(細菌、ウイルスなど)と戦い、体を守る働きをしています。
白血球の数が少なくなると、病原体と戦う身体の抵抗力が低下して細菌やウイルスが繁殖(はんしょく)しやすくなり、口、肺、皮膚、尿路、腸、肛門、性器などで感染症を起こしやすくなります。
この白血球減少は、ほとんどの抗ガン剤で出現する副作用で、抗ガン剤投与後約7日から14日ごろに最も減少します。

a)感染症の症状

  • 38℃以上の発熱
  • 寒気、ふるえ
  • せき、のどの痛み
  • 歯肉痛、虫歯、口内炎
  • 下痢、腹痛
  • 肛門痛
  • 排尿時の痛み、血尿、頻尿、排尿後も尿が残る感じ
  • 皮膚の発疹(ほっしん)、発赤(ほっせき)

b)医療機関では

  • 血液検査(結果によっては治療を延期する場合がある)
  • 白血球を増やすための薬の投与
  • 抗生物質の投与

c)日常生活上の注意

  • 手洗い、うがいをしっかり行ってください。
  • 体を清潔に保ち、トイレの後も陰部を洗浄しましょう。
  • 皮膚を乾燥させないよう、ローションやクリームで保湿しましょう。
  • 口の中を清潔に保ち、歯磨きをしましょう。
  • 外出時にはマスクを着用するようにし、人ごみの多い場所への外出はなるべく控えましょう。

骨髄抑制による貧血

赤血球の数が少なくなると、貧血症状(下記a)が現れます。
出現の程度は使用する抗ガン剤の量、併用する抗ガン剤の種類、スケジュールに左右されます。また年齢や健康状態に大きく影響されるため個人差がありますが、治療開始後1週間から2週間後より徐々に出現します。

a)貧血の症状

  • 少し動いただけで息切れがする
  • 疲労、倦怠感(けんたいかん)がある
  • めまいがする
  • 脈拍が増える、動悸(どうき)がする
  • 食欲不振、便秘
  • 結膜が白い
  • 手足が冷たい
  • 爪の色が白い
  • 顔色が青白い
  • 頭痛、頭が重い
  • 耳鳴りがする

b)日常生活上の注意

  • 歩行は動悸(どうき)や息切れのしない範囲でゆっくり行いましょう。
  • 疲れやすい場合には、十分な休息をとってください。
  • めまいや立ちくらみがあるときは、ゆっくり動き始めるとよいでしょう。
  • 症状がある時には無理をせず、安静を心がけましょう。

c)食事

  • タンパク質を多く含む食品をとりましょう。
  • 卵、肉類、魚介類、牛乳・乳製品、大豆および大豆製品などバランスよくとりましょう。
  • 必要な栄養素をバランス良くとりましょう。
  • 正常な赤血球をつくるために、ビタミンB12はなくてはならないものです。

〜ビタミンB12を多く含む食品〜

  • 鶏のレバー
  • さんま
  • にしん
  • いわし
  • さばなどの魚類
  • 貝類
  • 卵黄
  • チーズ
  • など

骨髄抑制による出血

血小板には出血をとめる働きがあります。骨髄抑制により血小板が減少すると出血が起きやすく、また出血が止まりにくくなります。使用する抗ガン剤によって、血小板が減少する時期や期間には差がありますが、一般的に治療開始後7日から10日で減少し始め、14日間前後の減少期間となります。

a)症状

  • 皮下出血(内出血)
  • 皮膚の点状出血、 斑状(はんじょう)出血
  • 歯磨きによる口の中の出血
  • 鼻出血
  • 血便、血尿

b)注意点

  • 体をぶつけたり、転んだり、打撲しないように気をつけてください。
  • 切り傷をつくらないように注意してください。
  • 爪は短く切り、皮膚を強くかいたりこすらないよう、気を付けてください。
  • やわらかい歯ブラシを使用し、歯ぐきを傷つけないようにしましょう。
  • 便通を整えましょう。硬い便にならないよう気をつけ、排便時にはあまり力まないようにしてください。
  • 衣類や下着できつく体をしめつけないようにしてください。
  • アルコールは血液を固まりにくくする作用がありますので、アルコールは避けるようにしてください。
  • 鎮痛剤、解熱剤などには血小板の機能を抑制する作用のあるものもあります。薬の服用については、担当医または薬剤師に相談してください。

c)止血の方法

  • 出血したら速やかに止血しましょう。
  • まず、心身を安静にし、出血しているところをタオルやガーゼで圧迫して止血します。
  • 出血したところを冷やすことで、血管を収縮し止血できます。
  • 出血が止まらない場合は、担当の医師に連絡してください。
  • 点滴の針を抜いた後は5分以上圧迫止血して、血が止まったか確認してください。
  • 鼻血が出た時には、座った状態で小鼻を指で圧迫して止血してください。

(4)脱毛

抗ガン剤を使用すると毛母細胞(毛の根元にある毛の成長に重要な細胞)に影響があり、
脱毛を起こします。抗ガン剤治療開始から2週間から3週間後に脱毛がおこりますが、抗ガン剤の種類によっては、髪が抜けるものと抜けないものがあり、髪の抜け方には個人差があります。抗ガン剤治療が終了すれば、3ヶ月から6ヶ月後には再び生えてきます。

脱毛を起こしやすい抗ガン剤

  • パクリタキセル(タキソール(R))
  • ドセタキセル(タキソテール(R))
  • 塩酸アムルビシン(カルセド(R))
  • 塩酸ドキソルビシン(アドリアシン(R))
  • 塩酸イリノテカン(トポテシン(R)、カンプト(R))
  • エトポシド(ベプシド(R)、ラステット(R))
  • シクロホスファミド(エンドキサン(R))

※このほかの抗ガン剤においても、上記の抗ガン剤よりは頻度は低いですが、脱毛を起こす抗ガン剤もあります。
主な副作用について記しましたが、この他にも便秘、味覚障害、食欲不振、口内炎、倦怠感(だるさ)、末梢神経障害(しびれ)、皮膚障害(発疹、発赤、色素沈着など)、性機能障害などの副作用があります。